医)英峰会 イターナル歯科クリニック 理事長 岩永 英隆 先生

佐賀県佐賀市で開業されている医療法人 英峰会 イターナル歯科クリニック様は、他社のコンサルティングを長年受けて来られ、2018年に乗り換えるかたちで弊社のコンサルティングを開始されました。
トリートメントコーディネーターの育成やプロジェクトチームの立ち上げを通じて、スタッフの経営参画の仕組みを構築してきました。6名いた常勤ドクターの開業が重なり半分の3名になりながらも、医業収入の前年比アップを実現されています。

コンサルティングを導入する前の医院の状況、困っていたこと

開業2年目ぐらいだったと思うんですけど、売上が月あたり400~500万円ぐらいになってきたところで、果たしてこのままでいいのかなと思うところがありまして、自分は治療のことは勉強して来ましたけど、経営については全然勉強していなかったので、プロの意見を求めたいと思い、コンサルを導入することを考えました。

コンサルティングを導入したきっかけ

(コンサルタントの)岡本さんが来て無料でまずは話を聞いてくれたんですが、感じたのは、その熱い気持ちですね。親身になって病院のことを考えてくれたり、この方だったら、うちを更に高いレベルに引っ張ってくれるんじゃないかと感じて、コンサルをお願いしようと思いました。

コンサルティングを導入して良かったこと

一番感じたのはスタッフのモチベーションですかね。結構いろんな課題を出してもらって、その中には読書感想文だったり、プロジェクトチームの立ち上げなど、スタッフからすると面倒くさいことがあって、果たして皆が付いて来てくれるのかと心配しながら実行していたんですが、やってみると思いの外、評判が良くて、そういうことを続けていくうちに、どんどん皆が積極的に仕事に参加してくれるようになったり、自分が思っていた予想以上のことを考えて実行してくれるのを肌で感じることが出来て、そこは凄い成果を感じて嬉しく思ったところでした。

医院の成長につながるような提案はありましたか?

一番大きいと思っているのはカウンセリングの導入ですね。うちは以前はやっていなかったんですけど、トリートメントコーディネーターの勉強会に参加して、そのスタッフが率先してチームを立ち上げて勉強会も重ねたりして、TCのシステムが稼働してきていますので、それは病院にとって大きな一歩だったと思います。

他のコンサルティング会社との違いを教えてください

一番大きいのはスタッフに働きかけるところが違うんじゃないかと思いました。経営面のことだけでなく、スタッフや僕自身のやる気を高めてくれるので、それは非常に違いを感じました。

コンサルティングの導入による数値面の変化

常勤のドクターが6名いたんですが、開業とかが重なって半分の3名まで減ってしまっていますので、かなり収入が下がってくる傾向にあったんですが、TCのシステムやプロジェクトの活動によってちょっとずつ数値が回復して、ドクターは半分になりながらも実際の売上はほぼ変わらないくらいまで回復していますので、そこについては非常に助かっています。

コンサルティング導入を検討されている先生にアドバイス

決して料金は安いものではないので、それを払う対価があるのか、最初は不安に思ったところがありましたが、提案してくれたことを実行すると、必ず成果が出るものだと実感できたので、コンサルを導入することは非常に有益だと思います。