医)G・D・C 山口歯科クリニック 理事長 山口 和郎 先生

茨城県筑西市で開業されている医療法人 G・D・C 山口歯科クリニック様は、コンサルティング導入前より地域一番を実現していたものの、次のステージへの進み方に悩まれていました。2007年よりコンサルティングと並行して経営塾をはじめとする様々なセミナーに継続参加し、マネジメントを強化。県内外に3医院展開され、医業収入は合計で4.7億円になる成長をされています。

コンサルティングを導入する前の医院の状況、困っていたこと

医院の売上もだいたい1億円ぐらいになってきたんですけど、次のステージに進む進み方って言うんですかね、周りに参考になる人がいないとか、あと情報収集力というところに関しても、自分的に少ないのかなと思って、それにちょっと困っていたことはありました。

コンサルティングを導入して良かったこと

自分よりも成長しているクリニックの話を聞けたりとか、コンサルタントがうちを見てコーチをしてくれるので、それが凄い良かったですね。

他のコンサルティング会社との違いを教えてください

コンサルタントがどこを見ているのかっていうのが凄く違うかなと思ってて、他のコンサルの方々は数字を気にしてやってくれるんですけど、そこで数字しか気にしていないとか、数字をあげていく上でスタッフの協力が必要なんですけど、目線が経営者目線でなくスタッフ側の目線になってしまうんで、経営者との乖離が生まれてくるかなとは思います。その点、しっかり経営者側から見た目線で自分と話し合ってもらえたので、そこは物凄く大きな違いかなとは思っています。

コンサルティングの導入によるスタッフの変化

コンサルタントから直接、面談で話を聞くってなると、他のクリニックはそうなんだという情報が入ると“井の中の蛙”にならずに、「あっなるほど、それが普通なんだ」っていう客観的なことを聞けたので、スタッフのモチベーションだったり心の変化にはとても有益だなと思っています。

コンサルティングの導入による数値面の変化

受ける前なんですけど、本院が1店舗だけで売上は1億円程度だったと思います。で、コンサルティングを受けて今は分院が2つありまして、合計3つのクリニックを運営しています。売上に関しては3つ合わせて4億7千万円ぐらいですかね。スタッフの数も当初は10人程度だったんですけど、今は3つ合わせて40人程度になっています。自費率も30%台だったんですけど、今はだいたい50%ぐらいになってきているのかなと思います。

コンサルティングの導入によるご自身の変化・成長

経営者っていくら皆が仲間になってやってくれても最終的にはひとりぼっちになっている感じがするんですが、コンサルを受けていく中で理解をしてくれている方がいるとか、アドバイスしてくれる方がいると、自分の中で心に余裕が持てるっていうか、自分は1人じゃないのかな、この人が助けてくれるのかなという心の変化は凄いありました。

コンサルティングは先生にとって、どのようなものですか?

先生でもあり、先輩でもあり、そして一緒に戦っていく親友なのかなと思っています。

コンサルティング導入を検討されている先生にアドバイス

自分のことを経営者目線で考えてくれるコンサルティングを受けると、日頃の仕事や気持ちがだいぶ晴れやかなものになるのは間違いないと思うので、一緒に仲間としてやってくれるコンサルティングをされるべきかと思います。