2020年 歯科医院地域一番実践経営塾アドバンスコース 第2回 開催レポート

どんな組織にも、リーダーシップは必要不可欠!
そして、リーダーに必要な文章力が生み出す、
大きな効果とは!?

歯科医院地域一番実践経営塾 アドバンスコース第2回 開催レポート

今年の経営塾アドバンスコースも、あっという間に第2回を迎え、最終回となりました。

経営塾アドバンスコース

ベーシックコースに参加したことのある医院のみが受講可能なこのアドバンスコース。

そのため、全国から集まる参加ゲスト、宿題のレベルや規模はハイレベルであり、講座や冊子だけでなく、セミナーを通して多くのゲストと知識の共有ができるだけでも大きな魅力となるのがこのセミナーです。

これから2億、3億の医業収入を目指す医院達が参加しているこのセミナーでは、「組織の仕組み化」「Drの採用」など、歯科医院が今後、大きく成長していくための重要なポイントに重点をおいて進めていくセミナーになります。

講師講演、さらに、その学びを歯科医院の実際の取組みへ落とし込む具体的手法の数々。それらが詰まっているのが、アドバンスコースの大きな特徴です。

年間を通じて組んでいるチーム内でも、それぞれの事例発表、成功例の共有などで、講座開始前から大いに盛り上がっていました。

第一講座

経営塾アドバンスコース

第一講座は「実践事例紹介」です。

ご参加のみなさんが、実際に医院で取り組んできた成果の出る事例を、たくさんの宿題としてご提出いただきました。

それらすべての内容を読み込ませていただき、成果の出る事例をみなさんと共有し、さらに最新の歯科界の状況を踏まえて解説させていただくのが、この第一講座です。

もちろん、参加されている歯科医院はそれぞれ、規模も違えば医業収入も違います。しかし、今後成長を目指している医院にとって、「これから自分の医院をどのように伸ばしていけばよいのか」「自分と同じくらいの規模の医院は、何をすればもっと成長するのか」「自分が苦手としていたジャンルでは、どのようにして成果を上げればいいのか」などなど、知りたい事例は山積みのはずです。

そうした方々のために、より成果につながりやすい事例を講座でお伝えしています。今回も、宿題冊子にしてみなさんにお渡ししていますが、この講座解説により、さらに実践しやすくなっています。

経営塾アドバンスコース

今年は新型コロナウィルスへの対策事例など、これまでは見られなかった事例も多く紹介されています。そうした最新の状況に合わせた、実際の歯科医院の現場で成果を出せる事例を知れるということは、本当に大きな価値だと思います。

ぜひ、ご自身の医院にて実践し、多くの成果につなげてください。

第二講座

経営塾アドバンスコース

アドバンス第2回のゲスト講師は鹿児島県開業 医療法人仁慈会太田歯科医院 理事長 太田 博見 先生です。

太田先生は、
2007年経営塾に初参加。

経営塾参加後、訪問診療に本格的に取組み、現在は1日100名以上の訪問診療を行っています。その規模は、年間医業収入3億円、スタッフ総数60名を超えるもので、圧倒的な地域一番医院の組織へと急成長を遂げられました。

現在、歯科業界では急速に注目されているジャンルが訪問歯科です。

経営塾アドバンスコース

もちろん、それはみなさんもご存知かと思いますが、では実際に何をどうしていけばいいのか、それについてはなかなか学ぶ機会がないかと思います。

そういった悩みにお応えすべく、今回は太田先生に訪問歯科のノウハウを徹底的にお話いただきました。

この分野について、どのように新規参入し、成長させ、トップを獲得することができたのか。その取組の数々、そして試行錯誤や失敗を含め、ここでしか聞けない話が満載でした。

訪問診療ならではの、スタッフマネジメントやマーケティングの手法。そして、どのような訪問先がポイントになっていくかなど、実際に訪問診療で成果を出している先生にしか話せない内容ばかりです。

経営塾アドバンスコース

これからさらに多くの歯科医院が訪問歯科に参入していきます。みなさんも周囲の医院に負けないよう、太田先生の講座内容をもとに、即、実践、行動に移していってください。

第三講座

経営塾アドバンスコース

第三講座は文章力UPとリーダーシップ研修についてです。

アドバンスコースでは、院長先生にしか出来ないことをお伝えしています。その大きな役割として、『文章力』というものが挙げられます。

この文章力がしっかりと磨かれると、患者様を集めるマーケティングとしても、Dr、スタッフ採用のためのマーケティングとしても、大きな成果につなげることができます。

なぜなら、すぐれた文章は、不眠不休の営業マンだからです。
先生が休んでいても、眠っていても、常に働き続けてくれます。
しかし、ただなんとなく作った文章では、そのような成果につながりません。
「人の心を動かすこと」「読んだ人に行動させる文章」
これらのポイントをしっかりと掴んでいるかどうかということが大きなポイントになります。それらの具体的な表し方について、解説させていただきました。

経営塾アドバンスコース

さらに、リーダーシップについてもお話しています。

「リーダーシップ」とは、一体何でしょうか。
多くの人がよく使う言葉ではありますが、明確に説明するとなるとなかなか難しいものです。

その組織の規模、形態、種類など、様々な状況によっても異なってくるので、ここでは、「経営者のリーダーシップ」という形でご説明しています。

そして、経営者として、歯科医院におけるリーダーシップを高めるためには、どのような考え、行動をとっていくべきなのか。
組織を成長させていくために、リーダーが何をすべきなのかを、たっぷり時間をかけてお話しさせていただきました。

以上が今回のセミナーの内容です。
アドバンスコースの医院は、多くが一定の成功を収めているかと思います。しかし、その成功も、一時の油断、慢心によっていつ崩れ去るかわかりません。

そうならないためにも、常に学び、実践をし続け、成長していくことが必要になります。

経営塾アドバンスコース

今年のような、誰にも予想の出来ないウィルスや天変地異など、これからも何が起こるかわかりません。そうなったときでも、決して崩れ去ることのない強固な組織をつくるため、このアドバンスコースでの学びをこれからも取り組みを続けていってください。

チームミーティング・無料相談会

セミナー終了後には、経営塾アドバンスコースのチームミーティング、無料相談会が開かれました。

今年は新型コロナウィルスの影響もあり、会場とWEBに分かれてのご参加となりました。そのため、チームでのミーティングや交流を図っていただくため、セミナー終了後にもお時間をお取りして、チームの時間を設けさせていただきました。

さらに、例年通り、岩渕を始めとした、弊社コンサルタントによる無料経営相談も行っています。
無料で、直接コンサルタントに経営の相談ができる機会は滅多にありません。この時間を有効活用していただき、さらなる医院の成長につながれば幸いです。