今だから、「歯科助手・受付」採用

労務・人事評価・採用

このブログは約 4 分で読めます

こんにちは!経営戦略研究所株式会社の山ノ内です。コロナ禍で歯科医院の採用に関する動きが活発ですね。先日、弊社の他のコンサルタントのブログにもあったように有効求人倍率が大きく下がり、現在(2020年5月)では、1.20倍まで下がっている状況です。

 

(参考)

【歯科助手の採用がしやすくなる!?新型コロナウイルスの影響も】

【歯科助手の採用がしやすくなる!?新型コロナウイルスの影響も】
みなさん、こんにちは。経営戦略研究所コンサルタントの岡本です。 COVID-19の猛威が社会に大きな影響を与えており、連日ニュースになっていますね。 歯科医院でもマスク不足だけでなく、キャンセルが増えていたり、スタッフが「熱があ...

 

 

歯科助手の採用は、求職者に他業界と比較された末、歯科医院に落ち着くので、景気の状態が大きく影響します。

 

ご存じのとおり、現在は歯科業界に比べて、他業界がコロナの影響を受けているため、「採用がしやすい」状況です。求職者の母数が増えれば、必然的に「優れた人材を獲得できる」という大きなチャンスでもあります。

 

「歯科助手か・・・」

 

と、テンションがなかなか上がらない先生もいらっしゃるかもしれませんが、歯科助手・受付はとても大切な役割を担っていると思います。

 

たまに、歯科助手や受付をないがしろにしている歯科医院がありますが、とんでもなく勿体ないですね。歯科助手や受付に優れた人材がいる医院ほど安定しています。なぜなら、全体を調整できる役割だからです。

 

歯科医師や歯科衛生士は患者と向き合う職人です。全体を把握するには限界があります。医院の規模にもよりますが、優れた歯科助手が1~2人いるだけでも医院の生産効率や雰囲気が変わりますね。しかも、TC(トリートメント・コーディネーター)で活躍してくれれば、目に見える価値も創出してくれます。

 

そういう理由で私は歯科助手や受付の採用には拘ります。

 

様々な採用手法を駆使しますが、何より重要視しているのが、ホームページにおける求人ページです。求人サイトやハローワークがきっかけだったとしても、必ずホームページには行き当たります。そのページを如何に充実させるかがポイントだと実感しています。

 

 

例えば、「業務内容」

・・・まだまだ歯科助手という仕事を知らない人が多いのでどんな業務を行うか、明確に書きます。求職者の不安を取り除く作業をします。

 

例えば、「仕事の魅力」

・・・難しい仕事を頑張ってやろうという気概を持った人でないと、優れた歯科助手には成長してくれないですね。難しくもあり、そこが魅力でもあることを訴求します。

 

例えば、「医院が与えること」

・・・福利厚生だけでなく、価値に見合った対価(給与設定)を院長と一緒に設定します。人事評価制度を作ったところでは歯科衛生士と同等の給与設定になるところもあります。

 

例えば、「医院が求めること」

・・・普通の歯科助手や受付に終わらず、TCやレセプト管理が出来るくらいのスキルは求めます。今すぐに出来なくても、必ずそこまで到達するよう求めます。そうなると、今まで生きてきた行動の結果(履歴書や職務経歴書)が重要な判断基準となります。

 

「今は歯科助手の採用・・・」

という方もいるかもしれません。そういう方でも現状の人員が「目標とする」医業収入・来院人数に見合っていないのであれば、十分検討しても良い千載一遇のチャンスだと思います。この期に優れた人材を採用し、しっかりと育成し、2021年には最高の飛躍が出来るよう、準備していきましょう!

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

山ノ内 友哉
山ノ内 友哉
管理栄養士過程の大学を卒業。男性では少ない管理栄養士の資格を取得し、栄養学と関連の深い大手食品会社系列の製薬品会社に営業職として入社する。
前職の在籍期間は約8年間、700床以上の基幹病院にて医師・コメディカルを巻き込んだ 疾患教室の立ち上げ支援で医療従事者間の信頼関係構築の基礎を習得。その後、東京都内の私立大学病院を担当。そこで、自社製品の「現状」と「あるべき姿」を明確化し、そのギャップを埋める活動を週間単位で落とし、新製品で約95%のシェアを確立する。課題解決の原則を実践し、自らに落とし込む。その評価を受け、最も影響力のある東京大学医学部附属病院を担当。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!

タイトルとURLをコピーしました