近年のテレビは優秀!!待合室にデジタルサイネージで自費アップ

歯科医院経営ブログ

皆さん、こんにちは!
歯科医院地域一番実践会の井ノ上です。

 

みなさんの待合室にテレビを設置している医院は多いと思います。では、そのテレビが医院のために活用されていますでしょうか?ただ、テレビ番組アニメを流しているだけではないでしょうか?

 

患者様の待ち時間を紛らわすためにも、テレビ番組やアニメを流すのは一つの考え方です。ですが、テレビ番組やアニメを流しても、医院の利益には一切なりません

 

「たしかに、そうだな。よし、明日からデジタルサイネージにしよう。」

「でも、デジタルサイネージの作成を業者にお願いすると、結構な費用がかかってしまう」

「デジタルサイネージを再生する機器がないから、テレビだけあっても仕方がない」

と思われた方は、安心してください。

 

業者にお願いせずに、自分で簡単にデジタルサイネージは作成できます。

また、最近のテレビには、画像のスライドショー機能が備わっていますので、特殊な機器を購入しなくても、デジタルサイネージを待合室のテレビに流すことができます。

 

作成から再生までの流れは以下のようになっています。

まずは、デジタルサイネージの作成ですが、これには、PowerPointを使用します。PowerPointで医院の情報発信したい内容を作成していきます。

 

例えば、スライドの内容は、自費の紹介医院のこだわり院長・スタッフの紹介設備の紹介などです。PowerPointが苦手という方でも、見た目や体裁は気にせず、まずは情報を載せることを第一に考えてください。手の混んだ画像やキレイなイラストを載せる必要はありません。文字だけの情報でも患者様には十分伝わります。

 

次に作成したスライドはそのままだと、デジタルサイネージとしては利用できませんので、画像ファイルとして出力する必要があります。画像ファイルであれば、USBメモリー、もしくはSDカードに保存して、待合室のテレビに接続するだけで、作成したデジタルサイネージを画像として流すことができます。

 

最近のテレビにはメディア出力機能が備わっていますので、テレビに直接USBメモリーやSDカードを差し込むだけで、画像ファイルをスライドショーとして流すことができるので、この機能を使わない手はありません

 

デジタルサイネージは、医院内で活用する分には、ホームページとは異なり規制がありません。自費の紹介や症例などを積極的に流すことで、自費率のアップに繋がり、医院の詳しい情報を流すことで、ファン患者づくりにも役立ちます。

 

待合室のテレビにテレビ番組を流している医院様は、ぜひ、自作のデジタルサイネージを検討してはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

井ノ上 貴之
井ノ上 貴之
鹿児島県出身。鹿児島大学を卒業後、大学院に進学、ディープラーニングに関わる研究に従事。修了後、富士通(株)に新卒で入社。 入社後、業務システムの中核を担うソフトウェアの開発に従事し、入社3年目で海外向け財務ソフトウェアの開発に携わる。海外のパートナーと組んで、欧州で主要国の商談を次々に獲得。海外で60カ国以上の導入し、社長賞を獲得。国際大会やミーティングで発表し、財務分野でのデータの二次利用性の向上や技術の発展のための、啓蒙活動を行う。



国内外での活躍が認められ、社内のグローバル研修に選抜、アメリカにて最先端の開発手法やマネジメント手法を学び、帰国後、社内の開発プロセスとプロジェクトマネジメントの改善に従事。



最先端の開発技術にとどまらず、組織マネジメントや品質マネジメントを学ぶことで、マネジメントの奥深さに気づき転職を決意。代表の岩渕とは趣味のバスケットボールを通じて親交があり、経営戦略研究所の理念・ビジョンに感銘を受け、入社に至る。

IT業界で培った知識・経験を生かし、医院を地域一番へと導く。


プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

タイトルとURLをコピーしました