時事ネタをスタッフ教育に活用する

スタッフ教育

このブログは約 4 分で読めます

こんにちは。

経営戦略研究所研究所㈱の山ノ内です。

 

先日、公益社団法人日本歯科医師会が行った「歯科医療に関する一般生活者意識調査」のプレスリリースがありました。日本歯科新聞でも取り上げられており、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

それを見た多くの院長先生は、自身の知識(ネタ)としてストックされたと思うのですが、それで終わっているようなら少し勿体ないです。是非、スタッフさんたちにも共有をして頂きたい内容でした。

 

例えば、

健康維持する上で歯や口の健康が欠かせないと思っている人でも、歯科医療機関で定期チェックを受けているのは47.4%という結果がありました。

引用元

https://www.jda.or.jp/jda/release/cimg/2020/DentalMedicalAwarenessSurvey_R2_2.pdf

 

 

結果としては予想できる内容ですが、「調査結果」として出ているのは大きいですよね。エビデンスというのはおこがましいかもしれませんが、伝える上で立派な「根拠」となります。

 

このような調査結果をもとに、メンテナンスの重要性を伝えるだけで終わってないか、しっかりと行動に移してもらえるような導線作り(仕組み作り)はできているか、それをミーティング等で話し合うのも大事ですよね。

 

歯科医院はどうしても閉鎖的な組織です。歯科業界をその医院でしから知らないスタッフが3分の1以上、なんていう医院もあります。

 

「業界がどういう状況なのか?」

「他の歯科医院がどういう状況なのか?」

 

そういう情報がほとんど入ってこない歯科医院は少なくないと思います。

日本歯科新聞、デンタルハイジーンやnicoなどの雑誌を定期購読している医院さんもあると思いますが、それで満足していたら個人差が出てしまいます。

 

こういう歯科業界情報、歯科業界よりもさらに上の医療業界情報などはナカナカ取りにいく人は少ないです。見かけてもスルーしてしまう人が大半です。人は興味ある情報は無意識的でも収集するけど、興味ない情報はスルーしてしてしまう傾向がありますからね。

 

でも、このような階層の情報も大事ですよね。このようなことを知っているのと知っていないのでは患者さんに伝える際の「言葉の力」が変わります。

 

院長先生や幹部スタッフはこのような情報にもアンテナを張って、医院に落とし込めると良いですね。視野が広い、視点が高い、視座高い、そんなスタッフの育成(人材育成)に繋がります。

 

今年もあと1ヶ月を切りました。来年の人材育成計画は立てましたか?

「まだです」という院長先生・幹部は、年を越す前に立てましょう。それが来年の成果を決めます。弊社の人財育成セミナーは下記からアクセスできます。まだ決めてないという方はご覧ください。

 

実践会 2023年セミナー開催スケジュール↓↓

【2023年セミナー開催スケジュール】歯科医院地域一番実践会
歯科医院地域一番実践会は2023年も歯科医院経営に役立つセミナーをどんどん開催!あなたが興味のあるセミナー予定をチェックして、スケジュールを今すぐ、抑えてください!

投稿者プロフィール

山ノ内 友哉
山ノ内 友哉
管理栄養士過程の大学を卒業。男性では少ない管理栄養士の資格を取得し、栄養学と関連の深い大手食品会社系列の製薬品会社に営業職として入社する。
前職の在籍期間は約8年間、700床以上の基幹病院にて医師・コメディカルを巻き込んだ 疾患教室の立ち上げ支援で医療従事者間の信頼関係構築の基礎を習得。その後、東京都内の私立大学病院を担当。そこで、自社製品の「現状」と「あるべき姿」を明確化し、そのギャップを埋める活動を週間単位で落とし、新製品で約95%のシェアを確立する。課題解決の原則を実践し、自らに落とし込む。その評価を受け、最も影響力のある東京大学医学部附属病院を担当。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

タイトルとURLをコピーしました