今より医業収入を伸ばしたいが、どうしたらいいか?

今より医業収入を伸ばしたいが、どうしたらいいか? 相談事例集

この相談事例は約 2 分で読めます

相談内容

現在、49歳、ユニット4台、月700-800万です。
新患数は月20-30人。自費が月150万前後です。

実践会で、同級生がコンサルを受けて、伸びていくのを間近で見て、自分も現状より医業収入を伸ばしていきたいが、どうしたらいいか?

この10年間、少しずつ医業収入は伸びてはいるが・・・
後は、自費率を上げていくことかなとは思っている。
歯科医師はこれまで、私1人だけでした。

岩渕の回答

現状より、医業収入を伸ばしていくとなると、歯科医師が院長一人だけでは難しいかなというのが正直なところです。

無理矢理、1日の患者数を増やして、無理に自費を増やすことも不可能ではありませんが、それは院長先生の心身に多大なストレスをかけ、短期的には医業収入は上がりますが、長期的には病気などのリスクを増すことになるので、あまりオススメしません。

なので、これ以上、医業収入を上げようと思うのであれば、勤務医の先生を採用したほうが良いかと思います。

なので、現状のユニット4台では勤務医の先生が診る場所がないので、先ずは増設してチェアを5台にしたほうが良いかと思います。

そうすることで、医業収入が月1千万ぐらいまでは伸びる可能性が上がります。
ただ、そうなったとしても、院長としての所得がどこまで増えるかというと、そこまで増えるわけではないと思います。

しかし、そこから得られるのは何でしょうか?

それは院長への負担を分散し、リスクを分散し、院長の気力と体力に依存しない医院になることです。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!