WEBマーケッターを雇用するために、どのように求人活動をすればよろしいでしょうか?

WEBマーケッターを雇用するために、どのように求人活動をすればよろしいでしょうか? 労務・人事評価・採用

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

WEBマーケティングを強化するために、WEBマーケッターを雇用したいと考えています。そこで、どのように求人活動をすればよろしいでしょうか?

今現在は、ホームページの修正指示などは全部、自分がやっているのですが、これを任せられる人を採用したいです。

新しいページを作成したり、PPC広告をかけたりするのも、こちらが指示を出してやるのではなく、自分で考えて行動できるWEBマーケッターを採用したいです。

岩渕の回答

現在、WEBマーケティングができる人がどれだけいるかというと、ほとんどいないのが実態です。

ホームページを作れる人はたくさん、います。
しかし、ホームページで成果を出す方法を知ってる人はほとんどいないのです。
ということは、WEBマーケッターの経験や実績がある人は滅多に採用できないと考えた方がいいかと思います。

ホームページが作れる人はホームページで成果を出す方法を知らない。
ネット広告の出し方を知ってる人はホームページが作れないという感じです。

それであれば、ネット広告の経験がある広告代理店での制作と営業経験者を採用するのが一番、無難かと思います。

ちゃんとクリエイターとしても活動していて、イラストレーターでセンスのいいものを作れて、かつ、営業経験もある人が良いですね。

そのような人を採用できるとベスト。
ですが、あまりそのような人はいないと考えたほうがいいでしょう。

また、WEBマーケッターとは言っても、それだけの業務で常勤として勤めてもらうほどは仕事はないと思います。

となると、事務長的な仕事も任せたくなるものです。
そうなると、ホームページ制作ができる人を採用すると、事務的な面については弱いことが多いので、そういう人を採用するのは止めた方が良いとなります。

もしくは、ホームページ制作ができる人を週3ぐらいのパートで採用して、その人にWEBマーケティングも勉強してもらって、できるようにしていくのも良いかと思います。

もし、常勤として雇用するのであれば25万円ぐらいから募集をかけるのが良いかと思います。どういう人を採用するにしても、最初からできると思わないことが大切です。

どうやったらできるようになるかを専門家のアドバイスを受けたり、様々なセミナーに参加してもらうなどして鍛えていくことが大事ですね。

また、採用媒体についてはハローワークなどでは難しいでしょう。リクナビNEXTやエン・ジャパンなどに求人掲載することをオススメします。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー