妻と意見が合わない。 自分と妻は別々の場所で医院を開設している。

妻と意見が合わない。 自分と妻は別々の場所で医院を開設している。 成功哲学・成功法則

この相談事例は約 2 分で読めます

相談内容

妻と意見が合わない。
自分と妻は別々の場所で医院を開設している。

それぞれ週2日はそれぞれの医院に行って診療している。
妻とスタッフの関係が上手くいかない。

妻がスタッフの給与計算等の労務的なことを行っているが、ミスが多く、スタッフから信頼されていない。私の医院のスタッフにアポの入れ方なども口出しする。

さらに、妻は時間があればスマホゲームをやっており、それもスタッフからの信頼を失っている理由ではないかと思われる。

娘が2人いて、長女は既に歯科医師、次女は歯学部に通っている。

岩渕の回答

夫婦で別々の医院を経営するのが一番、難しい形です。
しかも、週2日、一緒に診療するのではなく、お互いの医院に行っているだけだと、お互いの意見を合わせるのは非常に難しいと思います。

この形態で意見の一致を見るのは相当、難しいと思います。
別々の医院をこれからも経営するのであれば、お互いの行き来もなくして、完全に別個の医院として取り組んでいったほうがいいように思います。

意見が合わない状態で互いの医院に行っても、かえって、院内が混乱するように思います。

スマホゲームのことなどは夫から言っても、逆効果でしかありませんので、言うのは止めた方がいいかと思います。

娘さんの言うことは聞いてくれるようであれば、娘さんから言ってもらうようにした方がいいかと思います。

また、週2日、互いの医院に行くのではなく、2人の娘さんに週1日ずつ、双方の医院に来てもらうなどしてみてはいかがでしょうか。

そこで、客観的な意見を両親に提言してもらえば、その方が効果が出るように思います。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!