衛生士の採用ができない。

衛生士の採用ができない。 労務・人事評価・採用

この相談事例は約 2 分で読めます

相談内容

衛生士の採用ができない。
D-STAR、ぱど、Jobメドレー、Guppyと色々とやっているけど、採用できない。
どうしたらいいか?

ちなみに、妻も衛生士なんだけど、来年から上の子が私立の小学校に行くので、これまでよりも時間を抑えないといけないので、DHが採用できないと医業収入がいない分だけ、下がってしまう。

岩渕の回答

色々とやってるようですが、成果が出ないというのはやはり、地域的な問題も大きいかもしれません。

今、利便性が悪い医院、診療時間が長い医院は採用が難しいです。
診療時間はそこまで遅くはないようですが、立地の問題が大きいかもしれないですね。

そうなると、変に高いお金を払って、無理やり、変な人に来てもらっても、医院が混乱するだけになる可能性があります。

今の状況で一番、ベストなのはつながり採用かもしれません。
奥様の知り合い、友達を紹介してもらう。

奥様の出身の衛生士学校から紹介してもらう。
既存のスタッフで衛生士じゃなくても、周りに衛生士がいないか聞いてみて、いたら紹介をお願いする。

あとは、患者さんから採用するというのも1つの方法です。
このような形で立地的に採用が難しい場合には、衛生士であってもつながり採用を強化するというのも1つの方法だと思いますので、ぜひ、取り組んでみてください。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!