チーフを任命しようか迷っているが、どうしたらいいのか?

チーフを任命しようか迷っているが、どうしたらいいのか? スタッフ教育

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

そろそろうちの医院でもチーフを任命しようか迷っている。どのような基準で選べばいいのでしょうか。何か気をつけるポイントや、必須にすべき事項などありますでしょうか。

岩渕の回答

一緒に経営塾に参加するのが早いですね。打診しても厳しそうと先生が感じる今の状態なら、もしかしたら時期尚早かもしれません。経営塾では講座、実践を通じて、仕事をする上での人称が上がり、ただ単にモチベーションが上がるだけではなく、経営者としての意識もついていきます。院長先生も経営塾に参加されているので、共通言語も生まれます。これから何か取り組み、経営を進めていく上で共通言語があるということは、幹部としてやっていく上でとても重要な要素となります。

また、本人にチーフに対して意欲があって、かつ資質もあるという状態でないと厳しいと思います。もしくは、不安だけどチャレンジしたいという場合も任せる価値はありますね。

もし任命するなら、チーフとしてどんな行動をしてほしいのか、どんな存在になってほしいのかをしっかりと伝えることと、自分がどのようなサポートができるのかもしっかりと伝えるべきです。そして、チャレンジがスタートしてからも、絶対に放置をしないように、注意深くサポートをしてあげてください。チーフであれば、今までの働く環境とはガラリと変わり、責任感、プレッシャー、周囲から求められる要望など、本人の負担は目に見えて高まるからです。それを乗り越え、チーフとしてのやりがいを感じて周囲を引っ張ることができるようになるまで、先生は二人三脚で取り組み、成長を促していってあげましょう。

チーフがいるから医院が安定するわけではありません。資質がある人材が、先生と方向性を共にできるようになって初めて成果につながります。ポストが空いているからという理由だけで任命すると、チーフとしての立場に困惑し、疲弊し、どんどん仕事に対するモチベーションを失ってしまっていきます。そうなると、スタッフとしては優秀だった人材が、そのプレッシャーに負けてマイナススタッフになり、後輩達に悪影響を与えてしまう可能性もあります。良くも悪くも、チーフという存在の影響力はとても大きなものです。そうなってしまっては、せっかく任命したチーフが悪い方に大きな力として働き、医院全体を壊してしまいかねません。しっかりとした教育を行えず、適切な人材がいないようであれば、チーフはいないほうがマシなので気をつけましょう。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!