仕事観をスタッフに伝えるには、どうしたらいいんでしょうか?

仕事観をスタッフに伝えるには、どうしたらいいんでしょうか? スタッフ教育

この相談事例は約 2 分で読めます

————————-相談内容——————————————-
仕事観をスタッフに伝えるには、どうしたらいいんでしょうか?
——————————岩渕の回答————————————
経営塾の第2回でお伝えしてる「仕事観」の内容をいきなり、スタッフに話すのは止めた方が良いかと思います。

確かに、仕事観はマネジメントにおいて一番、大事なことではあります。
しかし、そんな話を医院全体が全く知らない状態でいきなり、先生が勢いよく話してしまうと、スタッフは引いてしまうと思います。

早く伝えたいお気持ちは良く分かります。
しかし、それよりは医院の中で仕事観の話を良く理解している、仕事観が正しく確立されてるスタッフが全体の2割を超えたぐらいで伝えるのが望ましいと思います。

一番、望ましいのは中堅スタッフ・ベテランスタッフに正しい仕事観が確立されることです。

3年目以降の中堅スタッフ・ベテランスタッフの仕事観が確立し、自分のことだけではなく、医院全体を考えられるスタッフへと覚醒する「スーパースタッフ育成塾」に参加してもらうのがベストです。

このセミナーの中に仕事観を伝えるためのスライドを作成するというものがありますので、それに取組んでもらい、先生からではなく、中堅・ベテランスタッフから仕事観を伝えてもらい、先生はそれに補足するのが一番、伝わると思います。

そのような形で伝えてみてはどうでしょうか?

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!