勤務医の求人で悩んでいます。どうしたら採用できますか?

スタッフ教育

この相談事例は約 5 分で読めます

相談内容

勤務医の求人で悩んでいます。
どこも勤務医の採用には苦労されてると思います。つながり採用が多いとは思いますが、なんとか採用したい!

・今いる勤務医のつながりを利用させてもらう。求人サイトを活用する
・HPやSNSで告知する

などが考えられますが、どうしたらいいでしょうか?

岩渕の回答

 

歯科医院地域一番実践会では現在、YouTubeに本格的に取組んでおります。
歯科医院経営ジャンルでは日本トップの2100名を超えるチャンネル登録者数を誇り、週3回も有料級の動画をアップしてますのでチャンネル登録がまだの方は今すぐ、こちらからご登録ください。

 

勤務医採用、歯科衛生士採用に関わらず、採用で重要なことは「全方位採用」です。

つまり、
つながりも重要ですし
求人サイトの登録・スカウトメールも重要ですし
医院HPの求人ページの充実
SNSの活用
これらすべてをやることが重要なのです。

どれか1つではなく、その全て、つまり「全方位」に取組んで行くことで、採用の成功確率が上がるのです。

そして、これらの取組、情報発信をすることで、それぞれが絡み合い、採用につながることが多いのです。
ですので、楽をして採用しようと考える先生程、Guppyに登録してるけど、採用できないというのです。

それは当たり前です。
Guppyに登録しただけで、良い人が採用できるのであれば、誰も苦労しません。

ただ、そうは言っても、優先順位はあります。
勤務医の採用については、最重要なのはつながりです。

何のつながりもない人をGuppyやジョブメドレーから採用して、良い人である確率は30%以下です。
採用活動、教育にはかなり労力とお金がかかるので、それで成功確率3割以下は厳しいですよね。

そうなると、やはり、つながりの強化をメインにして、何かしらのつながりのある人を採用するのがベストということになります。
ですので、今の勤務医やバイトDrとの関係性を強化して、その上で採用につなげるのが効果的です。

そして、目の前にいる勤務医、バイトDrの満足度を高めて、その先生から他の周りにいる先生に「自分が勤めてる歯科医院、とても良いよ。一度、遊びに来てみない?」と言ってもらえるような状況を作ることが非常に重要なのです。

このベースがなければ、つながり採用を成功させることは難しいです。
多くの院長先生が勤務医の先生とあまりコミュニケーションをとっていませんし、あまりしっかり教えていません。
放置型の教育をして、誰がつながりで友達・先輩・後輩に勧めるでしょうか?

先ずは、放置型の勤務医教育を止めて、しっかり教えることをしていくことをするようにしてみてください。
しかし、ここですぐに結果を求める先生からすると、「そんなことやって、本当に採用になるのか?」と思うかもしれません。

そうなのです。
そこが問題なのです。
別に、勤務医、バイトDrへの教育をしっかりやったからといって、採用になるとは全く限りません。

むしろ、そうならない確率の方が高いかもしれません。
ここが重要なのです。

そうならないかもしれないからこそ、多くの人はやらないのです。
だからこそ、それには価値があり、価値を感じてくれるからこそ、つながり採用の確率が高まるのです。

皆がやってくれてることであれば、そこにはそんな意味はないのです。
しかも、つながり採用はすぐに結果が出るとは限りません。1年後かもしれないし、2年後かもしれません。
結果が出ないかもしれません。

しかし、しっかり勤務医、バイトDrの教育をしてあげれば、それがスキルアップにつながり、治療のクオリティが上がり、患者さんの満足度も上がり、医業収入のアップにもつながるのです。
短期的な成果にもつながることなので、是非、しっかり勤務医、バイトDrへの教育、関係性構築にも取組をするようにしてみてください。

今回は勤務医採用の最重要ポイントであるつながり採用を成功させるための方法についてお伝えしました。
是非、やってみてください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー