4月に新卒が入るまで人が足りない。どうしたらよいか?

スタッフ教育

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

悩んでいるというよりかは、なにかアドバイスいただければ・・・

4月を迎えるにあたり、採用は3-4名行う予定で、既に3名が内定しているのですが、4月まで人数不足が起こりうる。

6月に8年勤務の受付が退職してしまい、その後、受付にコンバートしたDAの退職。
年末か年明けに現在のDAが退職になります。

この期間、チーフが受付に入らないといけなくなりもったいない。

それを回避するために中途採用を今からするのか?
それだと4月以降に人が余りすぎる。

それか10月入社のDAを受付にコンバートするか?
DAの負担が大きくなる気がする

4月入社のメンバーの育成に半年かかるとすると10月まで我慢すべきなのか?
もどかしい気持ちです。

岩渕の回答

歯科医院の場合、余裕を持った採用計画は立てられないので、人が余ることは大問題です。
なので、解決策としては4月に入る内定者をいかに早く即戦力化するかということと、可能なら、4月前から即戦力化できないか?ということですね。

新卒DAの場合、国家試験などはないことが多く、大学もコロナの影響でほとんど行くことがありません。
なので、内定者に今の時期から週4でもいいので、バイトとして来てもらい、教育を行っていくのがベストだと思います。

そうすれば内定者もバイトになりますし、4月までに仕事を覚えておけることで、医院になじむのが早くなります。

ただ、今の状況では内定者に仕事を教える人もいないという状況下と思います。
この場合、勤めて8年という長期間、人が定着する医院ですから、退職する人が続出してはいても、嫌な辞め方ではない人がほとんどだと思います。

であれば、退職してしまった方に教育だけにバイトで来てもらうのが良いかと思います。
それであれば、子育て中の方とかでも、十分に対応可能だと思いますので、今は遠方で通うのに30分以上かかる方でも教育だけであれば、早く帰ることもできますし、出勤時間もそこまで早い必要はありませんので、お互いにやりやすいかと思います。

また、今は医院を離れてしまってるけど、子育てが落ち着いたら戻ってきたいと思ってる人とのつながりをつくることにもなるので、そのような業務をお願いすることはお互いにとっていいかと思いますので、やってみてください。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー