院内に自己紹介を掲示しようと思いますが写真は嫌だと言われて困ってます

スタッフ教育

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

小さな悩みになりますが、院内に自己紹介を掲示しようと思いますが、写真は嫌だという意見がしばしばあります。
アプリなどから似顔絵を作ろうと思いますが、写真の方が効果的かと思います。どうしたらよいでしょうか?

実践事例の1つとして取組を始めようかなと考えました。

インスタなどは顔出しをしてくれるのですが、やはり若い女性は顔を出すことに少なからず抵抗感があるようです。

現状、スタッフマネジメントはうまくいってると思います。
今回の出来事をきっかけに悪くなることを懸念しています。
似顔絵などに逃げるのが正解かなと思います。

マイナス要素としては似顔絵だとせっかく飾ってもあまり見てもらえないのではないかと思います。

岩渕の回答

このような問題は結構、多くの医院で出ます。
今回は待合室に飾るスタッフ紹介ボードですが、一番あるのは医院HPに自分の写真を載せたくない、名前を出したくないというケースです。

今回はイラストであれば、自分の名前を出すのは問題ないということだと思いますので、問題としては小さいと思います。もちろん、やるのであれば写真の方が患者さんからの好感度は上がるし、スタッフの責任感も増すので良いと思います。

しかし、それは医院の状態や関係性、スタッフの性格によっても違いがあります。
今回は写真は出したくないというスタッフが何名かいるということだと思います。

それであれば、無理に写真を載せさせて関係性を悪くするよりは似顔絵にして、名前を出してもらうほうが良いと思います。そして、その嫌がってたスタッフの方が抜けた後などに再度、写真で話をしてみる。

もしくは、更に医院の状態が良くなった時に、HPと一緒に載せることを提案してみるのが良いのではないでしょうか。

これまで、歯科医院地域一番実践会のクライアントでも、当初は写真を載せることに抵抗されていた医院でも、医院の状態が良くなることで、問題なく掲載できたというケースが大半です。

更に医院の状態を良くすることに取組んだ方が最終的に早く、色々な取り組みが進んでいくと思うので、頑張ってみてください。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー