実家の医院の買取を父親に提案したが、いくらぐらいが適正なのか知りたい

M&A、買収売却

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

新規開業へ向けて行動していましたが、先日、父親に開業を考えていることを伝えた。
また、実家の医院の買取を提案した。

親子関係は悪くないが、別の問題で継承が上手くいかなかったので、今回、買取を提案し、やっと伝えることができた。

後々、もめたくないので、(お互いの性格上、なあなあで継承はできないと思われる)適正な価格で医院を買い取りたい。
その価格を知りたい。
お互いに生じるかもしれない問題は思ったより高い(安い)と思われる。

今まで伝えていなかったので、動き出しが遅かった。
また、父親のライフプランも考えないといけない。

親の医院は古い医院なので、改善の余地が非常にある。
自分の力を発揮できるなら、実家の医院を地域一番にしたい。

ちなみに、父親の医院は
年間医業収入8千万前後
駅近で、開業40年、ユニット7台、土地・建物を父親が所有
設備は古いが、iTeroも入っており、CTも買うかもしれない。

岩渕の回答

医院の買収の金額はその医院の状態などによって幅があるため、一概には言えません。
しかし、一般的には年間医業収入の8割前後が適正価格と思われます。

当然、ユニットや内装などの設備的な面の古さによっても価値は変わってきます。
今回は新しい設備もありますが、チェアや内装などは老朽化してるようなので5千万ぐらいが適正価格になるかと思います。

ただ、駅からも近いということなので、土地はかなりの価値があるものと思われます。
土地・建物までを買うことを考えると、かなりの金額になり、折り合いがつかないと思いますので、医院の経営権と設備を買うという形態が良いのではないでしょうか。

そして、毎月の家賃をお父様に支払う。
そうすれば、お父様の引退後の生活費としても問題がないかと思います。

ただ、最大の問題は医院を買収すれば、院長は交代となるわけですが、そこにお父様は残るのか?
これが最も難しい問題かもしれません。

親子で一緒に診療すると、ほとんどの場合、揉めます。
親子関係が悪くなります。

また、診療のスピードが遅い、治療のやり方が古いなど、お父様が足を引っ張ってしまうことも良くあります。
もしくは、院長は交代しているのに、色んなことに口を出したりして来るということもあります。

ですので、多くの場合には、お父様には医院を買い取ったタイミングでスパッと医院から抜けてもらうのが多くの場合にはベストということになります。お父様の気性がおだやかで、息子の言うことを聞き、非常に協力的な場合に限り、一緒にやっても良いのではないかと思います。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー