都内のテナントで開業してます。移転・分院で悩んでます。

移転・改装・開業

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

都内のテナントで開業しています。
21坪と狭く、チェア4台。スタッフ7-8名で手狭になってきました。
9年前に改装しました。移転・分院で悩んでいます。

移転は全て自分で仕切ることができるが、2倍以上の広さが必要になる
分院は今の医院は残せるが、分院長の教育をしたことがない

なかなか、相談できる人がいなくて、日々の診療に追われている。

岩渕の回答

都内の場合、診療圏が非常に狭く、1.5キロ圏内ぐらいかと思います。
そうなると、今の医院から1.5キロ圏内に今のテナントの倍ぐらいの広さの物件を見つけられる可能性は比較的低くなると思われます。
ですので、移転は難しいかと思われます。

分院となると、管理が非常に難しく、マーケティング・マネジメントにかかる労力が現状の医院の2倍ぐらいかかる可能性があります。
なので、分院もかなり難しいかと思われます。

上記のようなことから考えると、最善の策だと私が思うのが今のビルの空きテナントが出るときがあると思うので、それまで待って、空きが出たタイミングでそのテナントを借りて、同じビルの中にもう1つ医院を出すのです。
これが分院扱いになった場合、分院長を立てる必要は当然、ありますが、マーケティング・マネジメントにかかる労力は現状とほぼ変わらないぐらいで済む可能性が高いです。

上記のようなことから、今のテナントビルに拡張するというのが答えになるかと思います。

空きが出てから、話をするのではなく、空きが出る前からビルのオーナー、管理されてる不動産会社に話をしておいた方がいいかと思います。
また、同じビル内で2つのテナントを借りるとなると家賃交渉ができたり、看板設置などの交渉もできる場合がありますので、そういう点でも有利です。

マーケティングについてもホームページを2つ作る必要もありませんし、スタッフのマネジメントについても同じビル内なのでコミュニケーションが全くロスしないとまでは言えませんが、分院に比べれば気にならないぐらいのロスでしかありません。

ここまで医院が伸びてるのは素晴らしいですね。
これから更に発展できるように頑張っていきましょう。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!