歯科医院の売上を増やすことが出来ない

ホームページ
相談内容

歯科医院の売上を増やすことが出来ない。
それは1人1人の才能を伸ばしていない院長の自分の責任。

1日患者数20人前後
新患月30人前後

これまではスタッフが辞めてしまうことが多く、成功哲学系のセミナーに参加したことでスタッフとの人間関係は改善した。それによって医業収入は上がったが、また下がってきてしまった。

岩渕の回答

成功哲学系のセミナーに参加するのは人間関係の問題を改善する上では有効だと思います。
しかし、元々、医院の医業収入が良くて人間関係を改善するのであれば効果があると思いますが、人間関係を改善したらじゃあ、業績が上がるのかというとそういうわけではありません。

根本的な問題としては患者数が少ないことが医業収入が伸びない原因だと思います。
患者数が伸びないのは新患数が少ないからだと思います。

新患数を伸ばすにはやはり、ホームページからの新患数を増やすことが重要です。
ホームページからの新患数を伸ばすためには、スタッフとの人間関係の改善だけでは足りないのです。

そこを勘違いしてしまうと、成功哲学系のセミナーに参加したけど、業績が伸びないとスタッフとの人間関係を改善するために取組んでいたことさえもやらなくなってしまい、結局、スタッフとの関係性も元に戻ってしまうということがよくあるのです。

スタッフとの人間関係を改善するためにやるべきことと、業績を改善するためにやるべきことはある意味、別なのです。そこを勘違いしてしまってる院長先生が多いので気をつけて下さい。

ホームページについてはある程度、キレイに出来上がってると思いますので、先ずは、その他にコンテンツ充実家のために必要なことをしっかりやることです。

次に前回の相談事例でもお伝えしていますが、PPC広告をしっかり設定することですね。
最近ではPPC広告を頑張って設定しても全然、表示されないことが増えています。
PPC専用のLP(ランディングページ)を作成し、そこにしっかりPPC広告を賭けるようにしてみてはいかがでしょうか。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー