歯科医院開業の際の内覧会業者の見分け方とは?

成功哲学・成功法則

このブログは約 7 分で読めます

こんにちは!歯科医院地域一番実践会の乙川です。

私は、既存の歯科医院さんと新規開業のコンサルティングを行っています。

 

歯科医院開業時、リニューアル時に内覧会を行う。

 

というのは、もはや歯科業界でも必須と言われているのではないでしょうか?

 

弊社に開業の相談にいらっしゃるドクターからお話を伺う際にも、

 

「すでに開業している先輩(もしくは同期)から内覧会は絶対にやった方が良いと言われているのですがどうしたら良いでしょうか?」

 

とご質問をいただくことが多いです。

 

結論からお伝えすると、

 

内覧会は行った方が良いと思います!

 

それはなぜか?

 

これから何十年も歯科医院を経営していく中で、これほど地域の方々に自院をアピールできる機会はないからです!

 

ただ、最近では内覧会業社の数も増え、どこの会社も同じような内容が記載してあるため、

 

「どこの業社に任せたら良いか分からない」

 

と感じて先生方も多いと思います。

 

そこで、今回は

内覧会業社選定の3つのポイント

をお伝えさせていただきます。

 

  • 見積もりの金額はわかりやすく適正か?

 

  • 診療予約の実績は明示されているか?

 

  • 内覧会の内容は具体的か?

 

 

  • 見積もりの金額はわかりやすく適正か?

歯科医院地域一番実践会では、現在200軒近いクライアントの歯科医院さんに訪問させていただいております。そのために、すでに開業した先生方や、これから開業を控えて準備されている先生から、内覧会の見積もりを見せていただく機会がありますので、ほとんどの内覧会業社さんの見積もりを見ていますが、中には

「これは本当に必要なの?」「なぜこんなに金額が高いの?」

という疑問が浮かぶ見積書もあります。

特に、チラシデザイン料、印刷代、内覧会イベント代などは上乗せされているケースがあるので、詳細に見ていただくことをおすすめします。

 

新規開業を控えている先生方はすでに数千万円という大きなお金を動かしているために、

「内覧会を開催するならこれ位の金額がかかって当然か」と思ってしまうことが多いと思います。

 

人は大きなお金を動かすと、普通の精神状態なら高いと思う買い物もしてしまいがちになります。

これは決して歯科だけではなく、人は一般的にそのような性質があるということです。

 

大切なのは、

お金はかけるところにかけて、かけないところにはかけない。

ということです。

 

見積もりは面倒臭がらずに1つ1つ確認することをおすすめします。

 

 

  • 診療予約の実績データは明示されているか?

多くの内覧会業社でHPに記載してあるのは、

[数百名の来院数!][驚異の予約率!][予約数200名獲得!]

など、HP来訪者のフックになるような情報を見せています。

 

まず1つ言えることは、

内覧会で重要なのは来院数ではなく予約数です。

呼び込みで多くの人に来院していただいたとしても、先生が求めるターゲットじゃなければ、意味がありません。

ご自身の医院が求めるターゲット層の患者さんの予約を獲得することが大切です。

内覧会業社によっては、来院数に重きを置いている業社もあります。

実際に内覧会に立ち会った際に、

「本日は~名(100名単位)の方に来院いただきました!」と報告がありましたが、実際の予約数は来院数の10%くらいでした。これは本当に意味があるのでしょうか?

 

そして、最も重要なのは、

先生が開業する地域で、どれ位の成果が出るかの予測がしっかり立っているかどうかです。

歯科医院地域一番実践会の新規開業コンサルティングでお手伝いした先生の中にも内覧会に200万円近い金額を出したにも関わらず、予約数は30名以下だったというケースもあります。

内覧会業社さんにどれくらいの集患が見込めるのかのデータを依頼するようにしましょう。

 

 

  • 内覧会の内容は具体的か?

多くの内覧会業社さんでは、内覧会の数日前に訪問し、スタッフさんへの運営ロープレや設営を行い、当日を迎えるというところが多いです。ただ、内容自体へ予めこちらから確認を行った方が良いです。

・院内はどのように来院者にアピールしていくのか?

・他院との差別化ポイントはどこなのか?

・患者さんとの共感ポイントはどこなのか?

・院内でのサポートは実施してもらえるのか?

・どうしたら上手く予約につなげることができるのか?

確認すべき点はたくさんありますので、

内覧会業社さんに丸投げする、ということは辞めておいた方が良いです。

 

上記が、内覧会業社選定のポイントです。

ただ、

大切なのは、先生がどのような医院を創り、どんな患者さんに来ていただきたいかを具体的にすることです。そこを具体的に考えることができれば、医院のアピールすべきポイントや他院との差別化が明確になります。

 

歯科医院地域一番実践会では新規開業をご検討されている先生に無料経営相談を行っています。

日取りに限りがありますので、ご希望の方は早めにご連絡されることをおすすめします。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

乙川 和弘
乙川 和弘
千葉県出身。大学を卒業後、リクルート系列会社に新卒で入社。

入社後、2年目には3ヶ月毎に上がる高い目標を年間達成しグランドスラムを受賞。その後、ヘッドハンティングを受けプルデンシャル生命に入社。

紹介・口コミだけの見込顧客の発掘から、多くの歯科医師、歯科医院とのつながりを構築する。保険の契約だけでなく、歯科医師勉強会グループ運営、セミナー運営・発表、医院経営相談にも携わる。

リクルート時代、先輩だった渡邊との出会いをきっかけに経営戦略研究所の事を知る。歯科業界において、より高い専門性を深める大切さに気付き転職を決意。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!

タイトルとURLをコピーしました