あなたの医院は大丈夫?今すぐ行うべき新時代のSEO対策

歯科医院経営ブログ

このブログは約 5 分で読めます

みなさん、こんにちは!経営戦略研究所の茶川です。

本日は、古典的なSEO対策のご紹介ではなく、ここ数年でGoogleから発表された、比較的新しいSEO対策の方法についてご紹介をしていきます。いずれも、割とすぐに実践できる物ばかりです。一つでも該当した医院様は、早めの対応をご検討頂ければと思います。

①HPのレスポンシブル化

「レスポンシブル化」とは、HPをスマートフォン用のデザインに最適化する事を指します。スマホでHPを閲覧される割合は、全体の7割前後にまで増えており、今の時代に必須の対策と言えます。

Googleも、モバイルファーストインデックスという考え方を発表しており、スマホ対応の重要性を公式にアナウンスしています。

モバイル ファースト インデックスに向けて、構造化データと画像の代替テキストをお忘れなく!
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

この対応は、検索順位に影響を与えるだけでなく、ユーザービリティの観点からも非常に重要です。

レスポンシブル化をしていないと、横長のPC画面用に設計されたサイトを、縦長のディスプレイのスマホ画面で見ることになります。文字も画像も小さくなり、とても見づらいです。どれだけ素晴らしい事が書いてあっても、他のページに逃げられてしまう可能性があるのです。

なお、スマホ専用サイトを作っていらっしゃる医院様の場合、無理にレスポンシブル化をする必要はありませんが、2点ほど注意点がございます。まず、PCとスマホでコンテンツの量に差異が出ないように注意をお願いします。情報量に差があると、少ない方のスコアが低く評価される可能性があります。また、canonicalタグかalternateタグで、重複サイトで無いことをGoogleに伝える必要があります。これらの点は、現在契約をしているHP管理者に相談をしてみてください。

②SSL化

SSL化は、セキュリティ対策として実施を推奨される施策ですが、Googleは以前より、SEOにおいても重要であることを発表しています。

HTTPS をランキング シグナルに使用します
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

しかしながら、まだSSL化を実施されていない医院様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。以前に岡本がブログに書いたように、SSL化をしないデメリットの方が大きくなってきています。未対応の場合は、年内中には何かしらの対応をご検討頂ければと思います。

③HPの表示速度

HPの表示速度もSEOにおいて重要な要素であり、これもGoogleは公式にアナウンスを行っています。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

また、2019年11月初旬ごろ、Googleが提供するサーチコンソールというツールにおいて、各ページの表示速度を判定する新機能が追加されました。

今までのGoogleの傾向から、この新機能はGoogleからのメッセージと解釈する事ができます。つまり、直近で速度が重要視されるアップデートが、再び実施する可能性があるという事です。

この対応のためにも、今からでも遅くはないので、上記したサーチコンソールのチェック機能を使ってみてください。そして、ページ速度が遅いようであれば、以下のような改善施策を試してみましょう。

  • 容量の大きな写真や画像を圧縮する
  • 動画を埋め込んでいる場合、圧縮を行うかYoutubeからのリンクに切り替える
  • 不要なアニメーション(javascript)の廃止
  • 速度に定評のあるサーバー会社に切り替える

こうした対応には知識や技術も必要になります。どこまで対応が可能か、現在契約をしているHP管理者にも相談をしてみると良いでしょう。

 

今回ご紹介した対策は、既に多くの医院様で実施済の内容でもあります。逆に言うと、これらができていない場合、ライバル医院に遅れを取ることにもなりかねません。①は数週間ほど、②と③は数日ほどで対応が完了する作業です。今年の終わりに、HPのテコ入れを検討されてみてはいかがでしょうか。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

茶川 智仁
茶川 智仁
広島県福山市出身。岡山大学を卒業後、大阪大学大学院へ進学し、統計学やデータマイニングに関わる研究に従事。修了後、新卒で(株)ワークスアプリケーションズに入社。

入社後、会計管理システムの導入コンサルティング部門に配属され、金融資産管理・資金管理システム専門の導入コンサルタントとなる。入社後5年間で、20社以上の大手企業のシステム導入プロジェクトに参加し、成功に導く。入社6年目に、社内で実験的に行われていたジョブローテーション制度を活用し、開発部門へと異動。コンサルタント時代に培った業務知識と現場感覚を基にした、ユーザービリティを意識した機能開発が評価され、数億円の受注に繋がる機能案件の開発などに携わる。

ワークスアプリケーションズの先輩であった岡本雅史を通じ、経営戦略研究所の存在を知る。岩渕龍正の考えに共鳴し、より身近なお客様に対して問題解決する場を求め、転職を決意。前職の開発者時代に培ったシステム知識やプログラミング能力を活かし、WEBマーケティング全般の仕事に携わる。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!

タイトルとURLをコピーしました