Google口コミを獲得し、効果を最大化させる方法

院外マーケティング

皆さん、こんにちは。

歯科医院地域一番プロデューサーの山下です。

 

本日はGoogleの口コミについてお話をしていきたいと思います。

なぜ、今回このテーマにしたか。

それは、クライアント先を訪問した際に、新患経路を確認すると、

「口コミが良かったので来ました」という患者様が増えてきているのを実感しているからです。

 

実際にそのような患者様が増えてきていると感じておられる院長先生も多いのではないしょうか。

 

今後ますます口コミの重要性は高まってくると考えており、

私のクライアント先では、「口コミ件数10件以上、星4.0以上を目指しましょう」と伝えています。

 

この数値は私の経験則からきていますが、この数値を維持できていれば、

殆どの歯科医院で新患数アップに繋がっていますし、マイナスな口コミが1件入っても、

大きく星の数が下がらないので、マイナスな影響を最小限に食い止めることができると感じています。

 

では、どのように口コミを獲得しているかをお伝えしたいと思います。

 

まずは患者様を絞ります。

ファン患者様もしくは大きな自費症例の患者様に限定し、ご案内するようにしています。

 

そして、次が重要なのですが、口コミを投稿しやすい環境を整えておくということです。

口コミをお願いしますと資料だけを渡しても、殆どの方は投稿をしてくれません。

 

できれば口コミ投稿画面に直接飛ぶQRコード、

もしくは医院のグーグルマップに飛ぶQRコードを作成し、

その場で投稿いただくような流れがいいです。

 

以前までは口コミ投稿画面に飛ぶURLを作成するのが難しかったのですが、

最近ではグーグルマイビジネスの「口コミを増やす」という欄の下にURLが記載されていますので、そのURLをQRコード化していただければ、比較的簡単に作成することができます。

 

しかし、このQRコードはすべての方に適応するかというとそういうわけではありません。

詳しく記載すると余計な混乱を生むので、このQRコードで投稿画面に飛ばない場合は、

グーグルマップからの方法を試していただければと思います。

ご自身の医院のグーグルマップのURLをQRコード化して読み取っていただく方法です。

 

そして、最大のポイントは投稿内容例を用意しておくことです。

以下2つの投稿内容、どちらの方が魅力的ですか?

 

1:いい歯医者です。おすすめです。

 

2:カウンセリングと予防歯科に力を入れている歯医者を探していたところ、〇〇歯科医院のHPを見つけ、医院の拘りが全面にかかれていたので、予約をしてみた。実際に伺ってみると、カウンセリングルームに通され、不安なこと、歯医者に希望することなど、多くの質問を受けました。ここまで聞かれることがなかったので、良い意味で驚きました。また、予防の重要性について丁寧にレクチャーいただき、これから一緒に頑張っていきましょうと言われた時にはなんとも嬉しい気持ちになりました。これから通院が始まりますが、しっかりと通いたいと思います。これから宜しくお願い致します。

 

いかがでしょうか。

投稿内容を少し工夫するだけ、印象を大きく変えることができます。

 

口コミ投稿をお願いする前に必ず投稿例を見せるようにして、

医院の雰囲気がより詳細に伝わる内容を投稿いただくようにしましょう。

 

上記の取り組みを継続して、40件以上の口コミを獲得している医院があります。

結果として、大きな変化がありました。

それは、「予約が1ヶ月先になっても〇〇歯科医院で診て欲しい」

という意識の高い患者様が増えたことです。

 

口コミは新患アップだけではなく、投稿内容をより詳細に書いていただくことで、

歯を大切したいという患者様が増えることにもつながるのです。

 

ちょっとした工夫で誰もができる取り組みです。

 

ぜひ、実践してみてください。

投稿者プロフィール

山下 淳平
山下 淳平
大学を卒業後、アパレルメーカーに入社。入社後、1年6ヶ月で当時最年少となる店舗運営・責任者に抜擢。
その後、第二のキャリアのリクルートではクライアントのキャリア採用における人事コンサルティング業務を担当。主に東証一部上場の国内大手メーカーや世界トップの消費財メーカー、スーパーゼネコン等をメインクライアントとして、年間約200件以上のプロジェクトを推進。在籍時は、MVP・準MVP・新人賞・イノベーション賞等、部内にある全ての賞を受賞。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

タイトルとURLをコピーしました