歯科医院の事務長として、雑務が多くて悩んでます。どうしたらいいでしょうか?

歯科医院の事務長として、雑務が多くて悩んでます。どうしたらいいでしょうか? 成功哲学・成功法則

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

>現在、事務長として仕事をしています。
>
>しかし、給与計算、備品の購入、経理などのルーティンワークが多い状態です。
>自分としてはもっと、やるべき事、やりたい事をできるようにしたいのですが、
>難しい状態です。
>
>できれば、ルーティンワークは人を雇って任せて行きたいと思ってます。
>
>歯科業界未経験で、医院に入って10ヶ月です。
>まだ、専門用語などが分からない状態です。
>
>そんな状態なので、あまりスタッフにも強く言えません。
>
>どうしたらいいでしょうか?

岩渕の回答

歯科医院の事務長として成果を出していく上で、欠かせない事があります。
それは「現場に詳しい」ということです。

現場の事が分からないで正論をぶつけても、スタッフは絶対に言う事を聞いてく
れません。ですので、今はルーティンワークをしながら、朝から晩まで診療業務
をやったほうがいいです。

具体的には、受付業務を一通りマスターする。
消毒室の洗い物、片付け、滅菌をマスターする。
アシスタントワークをマスターする。

これらを多少、時間がかかってもいいと思います。
半年ぐらいでしょうか。
スタッフの中で一番にならなくてもいいです。

でも、最低限以上の仕事ができるレベル。
診療室にいれば、どのポジションでも戦力として活躍できるレベルになる事が重
要です。

事務長はそういうことをやりたがらない人が多いのですが、それを避けていては
いつまでたっても、スタッフは言う事を聞いてくれません。

現場に詳しいということが何よりの説得力になるのです。
そうすれば、多少、遠回りに思えるかもしれませんが、一番、近道なのです。

なぜなら、それだけの力があればマニュアルも作れるし、スタッフに指導だって
できます。教育カリキュラムだって作れます。人事評価制度のポイントだって分
かります。

診療室で問題が起こっても、何が問題の原因なのかを見極められるようになりま
す。このような事務長として必要な力は現場力によるのです。それがなければ、どんなに正しいことを言ったり、どんなに業務のことで注意をしたとしても、歯科スタッフたちにとっては「どうせ歯科のことなんて何も知らないくせに」と言ってまるで言うことを聞いてくれないでしょう。大切なのは何を言うかではなく、誰が言うかです。

是非、大変だと思いますが、事務長としての大切な一歩を踏み出してみてくださ
い。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー