チーフスタッフが辞めて、雰囲気が変わってしまった

チーフスタッフが辞めて、雰囲気が変わってしまった スタッフ教育

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

最近、チーフが辞めて、医院の雰囲気が変わってしまった。これまではそのチーフのおかげで先輩後輩、院長と新人の間にも、風通しの良い関係性ができていた。それまではそこまで重要と感じていなかったのだが、チーフがいなくなって改めてその重要性を感じている。しかし今からチーフが戻ってくることもないので、どうして良いのか悩んでいる。
どうしたらいいでしょうか?

岩渕の回答

歯科医院の場合、どんなに良いチーフがいてくれたとしても、あと何年いてくれるか分かりません。

結婚、妊娠、出産。
様々な理由で残念ではありますが、退職してしまいます。これは歯科医院の宿命であり、歯科医院経営をしている以上、避けては通れない道です。

であれば、一体どうすればいいのか。その解決方法は、常に「今はチーフがいるから大丈夫」ではなく、次期チーフを育成していくことが大事なのです。

しかし、次期チーフが誰が良いかというのは明確に分かることもありますが、分からないこともあります。

また、「この子が次期チーフにふさわしいな」と思っていた子がいきなり妊娠したなんてケースもザラにあります。

ということは次期チーフになれそうな中堅スタッフを1人といわず、2・3人、常時、育成していくことが非常に重要なのです。

中堅スタッフが育成されてないとチーフが何らかの理由で辞めてしまったときに、チーフとしての準備が整ってない年齢と勤続年数が一番上のスタッフがチーフに自動的になってしまい、何の教育も受けないまま、チーフをすることになるのです。

それでは、上手く行かなくて、ある意味、当たり前です。
ギャンブルをしてるからです。

チーフが医院に与える影響というのは院長が思っているよりも100倍以上、大きく、その影響は長期間に及びます。

時期チーフとなる中堅スタッフの育成に力を入れるようにしましょう。
と言っても、それを診療に集中しいている院長先生がやるのは難しいです。

なので、歯科医院地域一番実践会が中堅スタッフを育成する「スーパースタッフ育成塾」を開催しています。

次回の開催は2015年となりますが、是非、中堅スタッフを早めに育成されることをオススメします。

いなくなってから慌てて考えても、時すでに遅しとなってしまいます。将来のチーフ候補である、スーパースタッフが医院に何人居ても困ることはありません。今から計画的にスタッフを育成し、何人ものチーフ候補を育てておきましょう。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!