開業して10ヶ月、スタッフが定着しない

開業して10ヶ月、スタッフが定着しない スタッフ教育
相談内容

開業して10ヶ月、スタッフが定着しない
今回、開業時から頑張ってくれていた受付スタッフが突然の退職希望を出してきた。

前職がウェディングプランナーで、歯科医院の受付という仕事にやりがいを見出せていない感じとのこと。ただ、やる気もあるし、コミュニケーション能力も高いので、TCとしての道を提案したが、引き留めることはできなかった。非常に残念な結果になってしまった。

仕事のやりがいだけでなく、彼女が目指す温かみのある歯科医院を作りたくても、ベテランの歯科衛生士に話を聞き入れてもらえなかったりしていたことも原因のようだ。ここにはすぐに気付けてあげられなかった。

このベテラン歯科衛生士は33歳、独身。
やる気はあって技術はあるけど、自分にも他人にも厳しい。そのためか後輩スタッフからは若干恐れられているフシもあり、嫌われているとまでは言わないが、コミュニケーションをとりづらい対象の様子。
院長とかにも時々、否定的なことを言ってくる。悪気はないと思うのだが、若干周囲のスタッフの気持ちもわからなくはない。

何かいうとすぐにふてくされたり、態度に出ている。それが見ていてすぐにわかる。
このような状況でどうしたらスタッフが定着するか?是非アドバイスがほしいと思います。

岩渕の回答

受付のスタッフに関しては、残念ですが、TCとしての道も提示されたにもかかわらず、それでも退職の意思が変わらないということは残念ですが、難しいかもしれないですね。ここにあまりこだわっても、無駄な労力になってしまうかと思います。

大事なのは今後も、同じようなことが起きないようにするためにはどうしたらいいのかということですね。これから入ってくる新しいスタッフが、同じ思いをしないような仕組みをつくる必要があります。

33歳のベテランDHが全ての原因だとは思わないですが、これまでも、そして、これからもこの厳しすぎる衛生士が原因で辞めてしまう人は出続けると思います。

そして、そのようなことを伝えても、3ヶ月ぐらいは改善するものの、またすぐに戻ってしまうと思います。そして、自分がこれだけ医院のためを思って言ったり、やったりしてることを分かってくれないと反発・対立することになってしまうような気がします。

これからも、ベテラン衛生士が原因で他のスタッフが辞めるの覚悟でずっと一緒にやっていくか、それとも、早い段階でお別れするのかを決めた方がいいかと思います。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー