移転先の医院でも、今の遅くまで診療するスタイルで良いのか?

移転・改装・開業

この相談事例は約 3 分で読めます

相談内容

今の医院が道路の拡張工事のため、全く違う場所に医院を移転します。
その際、移転先でも、今と同じ仕組みで行っていたのでは同じ結果しか出ない。

当面、ユニット4台で行うつもりであるが、スタッフを何人採用するか、いつ採用するかが不明瞭。
何を医院の方針として打ち出すかが明確でないため、どんな人材が必要か決まらなかった。

また、妻にスタッフ管理を丸投げしていたため、妻に家事と育児とスタッフ管理の重圧がのしかかり、妻の協力が得られずらくなってきた。

日々の売上に目を奪われ、日計単位の利益にこだわっている。
そのため保険中心、2ndカウンセリングの仕組みが出来上がらない。

診療時間を延ばすだけの体力勝負になっている。

岩渕の回答

先生から詳しくお話を伺ったところ、現在は診療時間が9:30-21:00、週6日診療(週1日は午前のみ)で診療しているとのことでした。
しかも、Drは院長先生お一人。

この状況は長く続きません。
長く続いたとしても、いつか院長先生が倒れてしまいます。

また、これから移転した医院でやろうとしているのがレーザーを中心とした治療で、1時間ガッチリかかって5万円の医業収入とのことでした。
先ず、レーザーを医院の強みとして成功しているケースが非常に少なく、単価もかなり低いため、レーザーを中心とした形態は止めたほうが良いと思います。

今の診療時間の終わりを延ばして、利便性追求型の医院を続けていても、口腔内への意識の低い患者さんを増やすだけで、先生の理想とする医院を作ることは難しいと思います。
先ず、思い切って診療時間を変えるべきだと思います。

診療開始を9:00スタートにして、
診療を遅くても19:00に終わらせる。

夜遅くまで診療するのではなく、早く診療を終えて、その分、院長のカウンセリングをする時間に当てたほうが良いかと思います。
そのような形態にしたほうが奥様の理解と協力も得られ、移転先の医院でも上手くいく可能性が上がると思います。

ですので、今の移転前の医院で上記変更をして、成果を出して自信をもって移転されることをおススメします。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!