事務スタッフの給与、評価、勤務時間をどうしたらいいか?

事務スタッフの給与、評価、勤務時間をどうしたらいいか? 労務・人事評価・採用

この相談事例は約 2 分で読めます

相談内容

事務スタッフの給与、評価、勤務時間をどうしたらいいか?
無駄な時間が多くなっている。
業務と関連のない残業が多くなっている。

このまま残業が多くなると、健康状態が心配。
クリエイティブワークについては過去のスタッフと同じ勤務形態では難しいのではないか。

事務長は現在、40歳代前半。男性。
もっともらえる何かがないと報酬を上げられない。

本人としては面白い仕事や分院 立ち上げの仕事など楽しい仕事がしたい。
事務スタッフという仕事が孤独だからか、スタッフに寄りたがり、輪の中に入れてもらいたいという気持ちが強いようだ。

岩渕の回答

事務スタッフの給与、評価制度は非常に難しいです。
固定残業についてはしっかり運用することをオススメします。

また、できるのであれば、

医業収入の目安を決めて、それを実現したらいくら
Dr採用が事務長の力でできたらいくら

などができると良いですね。

しかし、私自身も社内の事務スタッフの評価制度を作りましたが、かなり難しかったです。また、評価制度作成に当たり、他社の事務スタッフの評価制度も参考にしました。

しかし、私が見て、かなりしっかり作りこまれてる事務スタッフの評価制度は見当たりませんでした。

もしくは、評価制度として、暫定的に評価表を作りこみ、それを毎年の課題、医院の課題を盛り込んでいく、年と共に改善していくのも1つかもしれません。

ただ、やはり、事務長として、30代前後の男性を採用するのはその人の人生をも背負っていかなければいけなくなるので、そこまでの覚悟をこちらとしても決められる人でないと事務長にはしないほうが良いかなと思います。

できれば、事務長については血のつながりが強い人を採用するのが望ましいかと思います。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー