メンテナンスの重要性、正しく話してるけど伝わってない?

自費率とリコール率

このブログは約 4 分で読めます

皆さんこんにちは。

経営戦略研究所の前田です。

 

さて突然ですが、質問です!

皆さんの医院では「メンテナンスの重要性」について、患者さんに説明されていますか?

ありがとうございます!

 

そうですね、このブログをご覧になっているほとんどの方が「説明している!」と答えたはずです。

それも、シッカリと、正しく、医学的に説明しているはずです。

 

しかし、どうでしょう?

 

「説明しているけど、患者さんがメンテナンスに来てくれないな~…」と悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

今回は、このような状況を打破するヒントについて、お話しします。

 

さて、その原因は?

 

説明しているけど、医院に通ってくれない原因はなんでしょうか?

 

答えは、「予防の重要性が伝わっていないから!」

 

 

…ではないかもしれません!

 

もちろんその場合もありますし、より伝わるように工夫をしていくことは絶対に必要ですが、通院していない方全員が予防の重要性を理解していないのでしょうか?

 

例えば、タバコの害については多くの人が知っていますが、やめられない人は大勢います。

食生活を整えて、運動をすれば健康にいい事を多くの人が知っていますが、なかなか習慣は変えられません。

 

メンテナンスについても同じことが言えるかもしれません。

重要性は理解しているけど、通院していない方もけっこう多いのではないでしょうか?

 

では、どうすればいいの?

 

そのような方に通院してもらうにはどうすればよいか?

 

それは、「通院してもらう事」です。

 

そんなことわかってるよ!という声が聞こえてきそうですが、「メンテナンスの重要性を伝える」ことだけに意識がさかれ、「メンテナンスに通院してもらう」という当たり前のことを考えなくなってしまう事があります。

つまりお伝えしたいのは、「予防に通院してくださらない原因」を「重要性が伝わっていないから」と決めつけず、患者さんの目線に立ち、どうすれば通院したくなるか?を考え、行動を起こしていくことも重要ということです。

 

患者さんの幸せを願えば、メンテナンスには、ぜひとも通院していただきたいですよね。

それでしたら、いかにメンテナンスに通院してもらえるかをもっと広い視点で考えてみてもよいかもしれません。

 

ある医院さんでは、初診の患者さん全員に、裏面にびっしりと手書きの文章を書いたハガキを送っています。

また、ある医院さんでは、物販とメンテナンスを連動させて多くの患者さんに通院いただいています。

私には3人の娘がいますが、ガチャガチャ欲しさに意気揚々と歯医者に向かいます。

 

年始の山下のブログから、あっという間に3ヵ月が経ちました。

年始は絶好の〇〇のタイミング!
こんにちは! 歯科医院地域一番実践会 地域一番プロデューサーの山下淳平です。新年明けましておめでとうございます。今年度も宜しくお願い致します!さて、皆さんの医院は年末や年明けはどのような取り組みを行っていますか?大掃除をして新年へ!そんな医院がほとんどではないでしょうか。それでは非常に勿体ないと思います。

思い立ったが吉日。

桜が散る前に「メンテナンスに通院してもらうには?」について、医院の皆さんで話し合ってみるのはいかがでしょうか?

0

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

前田雄太郎
前田雄太郎
福井県出身。東京の足立区育ち。
大学を卒業後、健康食品メーカーに入社。入社後3年後に、取締役に就任。百貨店の健康食品売り場の運営のすべてを任され、採用、スタッフ教育・育成、販売促進など、多くの経験を積む。マニュアルづくりなどの仕組み化に成功し、3年間で店舗数を倍増させる。
その後、「営業力」を磨くために、製薬メーカーの営業として勤務。社員数1000名以上の成績上位20名が受賞する優秀社員賞を受賞。その後、「人を育てる、教育の仕事がしたい」という想いから、研修部門へ異動。そこで、再び優秀社員賞を受賞し、海外研修に参加。多くの人と関わりその成長に触れ、研修を自身の天職と感じていた中、医療経営の勉強を通し、経営戦略研究所と出会う。ホームページのインタビューや面接での岩渕や萩原の話を聞く中で「この会社で多くの人の幸せに貢献したい」と強く感じる。経営者の経験、営業の経験、研修の経験と、様々な経験をしたからこそ、長期的・大局的な視点から提案することができる。これまでの経験を活かし、全員が日々成長し、イキイキ働ける医院づくりに挑む。

現在、申込受付中のセミナー

タイトルとURLをコピーしました