医療法人と個人の歯科医院を引継ぐ際の違い

歯科医院M&A

このブログは約 6 分で読めます

皆さん、こんにちは!
歯科医院地域一番実践会の井ノ上です。

歯科医院を買収する際に、歯科医院を医療法人ごと引継ぐのか、個人の歯科医院を引継ぐのかによって、違いがあるのはご存知でしょうか。

今回、医療法人ごと引継ぐ場合と、通常の個人の歯科医院を引継ぐ場合とで、どのような違いがあるのかご紹介いたします。

医療法人ごと引継ぐ場合は、出資持分の譲渡、医療法人の役員や社員などの交代などの方法により引継ぐことになります。

主なデメリットは以下の3点になります。

そもそも医療法人とは、医療法の規定により特別に認められる法人になります。会社法の規定により特別に認められる株式会社などとは異なる仕組みになっているのをご存知でしょうか。

歯科医院の経営が軌道に乗り、業績が上がってくると、顧問税理士などから歯科医院の医療法人化を勧められることがあります。そこで、よくわからず「他の医院も法人化しているし、そういうものなのか」と、よく考えずに医療法人化を行ってしまう歯科医師も多いかと思います。ですが、法人化を行うということは、法的に考えると大転換になります。しっかりと、メリットとデメリットを 理解した上で慎重に判断すべきです。

医療法人化のメリットデメリット・タイミング

医療法人化のおもなメリットは以下の4点です。

1)院長個人と歯科医院が法的に分離されることで、家計と経営が切り離されます。それにより、事業資金の集積や経営の合理化を進めやすくなり、対外的信用が増加し、経営の永続性が付与されます。

2)全体として税負担が軽減できる場合があります。

3)分院の開設が可能になります。

4)歯科医院の引継ぎに関して、診療所を廃止するなどせずに引継げます。

一方で、デメリットは以下の3点です。

1)社員総会および理事会の開催、事業 都道府県知事への届出、ならびに役員登記が求められるなど、各種手続きが必要になります。

2)社員総会決議などにより、経営権がはく奪されるリスクが生じます。

3)社会保険に強制加入になるとともに、場合により税負担が増大します。 医療法人化のタイミングですが、分院を開設するのであれば、「売上が1億円」を超え、かつ「社員総会や理事会など法律に則った運営を継続できる 組織的基盤」が整ってから検討すればよいと考えています。なぜなら、十分な売上があり組織的基盤も整っている状態でなければ、医療法人化のコストを負担しきることが困難であるためです。

医療法人化している歯科医院は多数ありますが、 社員総会の開催など法律に則った運営が現実にはなされていないケースの方が多いかもしれません。法律に則った運営を怠れば、後々に足元をすくわれる事態に繋がります。

歯科医院を医療法人ごと引継ぐ場合の手続き

医療法人には、持分の定めのある医療法人と、持分の定めのない医療法人があります。

持分の定のある医療法人の場合は、売手側から買手側に出資持分を売買契約により譲渡し、それとともに、社員や役員などについて、買手側の指定するものへの交代の手続きをとることが一般的です。 持分の定めのない医療法人の場合は、社員や役員などについて、買手側の指定する者への交代の手続きをとることで引継ぎを行うことになります。この場合、売手側は当該医療法人から役員退職金などの支払いを受けることで、医療法人の引継ぎの対価とすることが通常です。

いずれにしても、医療法人自体は変わらないので、医療法人と従業員などなどとの契約は従来通り継続され、個人の歯科医院を引き継ぐ場合に必要な歯科医院の廃止開設手続きも不要です。

医療法人ごと引継ぐ場合の注意点とは

医療法人ごと引継ぐ場合は、個人の歯科医院を引き継ぐ場合とは異なり、その医療法人に帳簿に記載のない負債があった際に、その医療法人を介し買手側がその債務の支払義務などをそのまま負うことになります。患者へのインプラント10年保証や医療事故に基づく賠償問題なども、そのまま引継ぐことになるので注意が必要です。

医療法人ごと引継ぐ場合は、十分な事前の情報開示を受けることが必須になりますし、引継ぐ際に作成する契約書においても、負債が引継ぎ後に明らかになった場合に備えた補償条項などを入れておく必要があります。

医療法人の場合の引継ぎ方法

医療法人の引継ぎにおいては、上記の医療法人ごと引継ぐケースのほか、 以下の2点があります。

・資産や契約関係などを個別に引継ぐ事業譲渡の方法により、個人の歯科医院を引継ぐのと同様の手法で引継ぐケース

・ (買手も医療法人である場合)医療法人の合併により引継ぐケース

今回、歯科医院を医療法人ごと引継ぐ場合と、通常の個人の歯科医院を引継ぐ場合とで、どのような違いがあるのかご説明しました。

M&Aコンサルティングに関して、詳しくは以下をご覧ください。

歯科医院M&Aコンサルティング
歯科医院経営地域一番実践会は岩渕龍正が率いる日本最大の歯科医院専門経営コンサルティング会社。コンサルタント16名、常時160医院超のコンサルティング、続々と地域一番医院が誕生。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

井ノ上 貴之
井ノ上 貴之
鹿児島県出身。鹿児島大学を卒業後、大学院に進学、ディープラーニングに関わる研究に従事。修了後、富士通(株)に新卒で入社。 入社後、業務システムの中核を担うソフトウェアの開発に従事し、入社3年目で海外向け財務ソフトウェアの開発に携わる。海外のパートナーと組んで、欧州で主要国の商談を次々に獲得。海外で60カ国以上の導入し、社長賞を獲得。国際大会やミーティングで発表し、財務分野でのデータの二次利用性の向上や技術の発展のための、啓蒙活動を行う。



国内外での活躍が認められ、社内のグローバル研修に選抜、アメリカにて最先端の開発手法やマネジメント手法を学び、帰国後、社内の開発プロセスとプロジェクトマネジメントの改善に従事。



最先端の開発技術にとどまらず、組織マネジメントや品質マネジメントを学ぶことで、マネジメントの奥深さに気づき転職を決意。代表の岩渕とは趣味のバスケットボールを通じて親交があり、経営戦略研究所の理念・ビジョンに感銘を受け、入社に至る。

IT業界で培った知識・経験を生かし、医院を地域一番へと導く。


プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!

タイトルとURLをコピーしました