1億目指すなら、これが正しい歯科医院の目標設定

成功哲学・成功法則

皆さん、こんにちは!
歯科医院地域一番実践会の井ノ上です。

今年も残りわずかとなりました。

来年に向けての目標設定はすでにやられていますでしょうか?

 

目標は、来年になってからではなく、今年中に設定することが大切になります。

また、立てることが目的になって、目標の内容がおろそかになっていないでしょうか。

 

今回は、目標設定の立て方をご紹介します。

 

まず、例えば、年商1億、新患数80人、自費200万などの医院の数値目標は大切です。ただ、これで終わってしまっている歯科医院さんをよく見かけます。数値目標だけ大きく張り出して、スタッフにはまったく伝わっていない、そして何も達成されないのが迎える結末です。

 

いきなり自費200万と言われても、達成するために何をするかイメージが湧きますでしょうか?

 

おそらく湧かないでしょう…

 

これでは、どのように設定するのか?

 

それは、目標を細分化するのです。

自費200万といっても、達成するための内訳は様々です。インプラント10本なのか、補綴20本なのか、医院の目指す方向によって変わってくるでしょう。

そして、インプラント10本であれば、コンサルを何回すれば月に10本達成することができるのか。コンサルの成約率が50%であれば、少なくとも20回は実施する必要があります。すると、日数に換算して少なくても1日1件は行う計算になります。

 

これで、自費収入の目標に対して、回数と率の2つの軸で設定することが見えてきます。

 

・インプラントコンサル:20回/月、1回/日

・コンサル成約率:50%

 

ここまで細分化し、具体的な設定を行うことで、ようやく目標達成のための行動を移せるのではないでしょうか。

 

コンサルを行うために、欠損などの見込みの患者の洗い出し、コンサルの時間確保など。また、成約率を50%に高めるために、コンサル資料の拡充、コンサル力を高めるためのトークマニュアルの作成、ロールプレイの実施など、具体的な行動目標がおのずと決まってきます。

 

行動目標が決まれば、あとは実践していくだけです。ここまで、具体的な行動を示すことができれば、スタッフも何をすればいいか理解できることでしょう。

 

行動に移せるイメージまで落とし込むことが、目標を達成する上では重要になります。

ぜひ、みなさんの立てた医院目標が達成されるように、今一度、見直してみてはいかがでしょうか。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

井ノ上 貴之
井ノ上 貴之
鹿児島県出身。鹿児島大学を卒業後、大学院に進学、ディープラーニングに関わる研究に従事。修了後、富士通(株)に新卒で入社。 入社後、業務システムの中核を担うソフトウェアの開発に従事し、入社3年目で海外向け財務ソフトウェアの開発に携わる。海外のパートナーと組んで、欧州で主要国の商談を次々に獲得。海外で60カ国以上の導入し、社長賞を獲得。国際大会やミーティングで発表し、財務分野でのデータの二次利用性の向上や技術の発展のための、啓蒙活動を行う。



国内外での活躍が認められ、社内のグローバル研修に選抜、アメリカにて最先端の開発手法やマネジメント手法を学び、帰国後、社内の開発プロセスとプロジェクトマネジメントの改善に従事。



最先端の開発技術にとどまらず、組織マネジメントや品質マネジメントを学ぶことで、マネジメントの奥深さに気づき転職を決意。代表の岩渕とは趣味のバスケットボールを通じて親交があり、経営戦略研究所の理念・ビジョンに感銘を受け、入社に至る。

IT業界で培った知識・経験を生かし、医院を地域一番へと導く。


プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

タイトルとURLをコピーしました