世の院長・スタッフさんに翼を授ける

成功哲学・成功法則

このブログは約 5 分で読めます

実践会ブログを御覧の皆さん、

こんにち(ばん)は。歯科医院地域一番実践会のレッドブル染谷です。

 

 

歯科医院地域一番実践会では現在、YouTubeに本格的に取組んでおります。
歯科医院経営ジャンルでは日本トップの3000名を超えるチャンネル登録者数を誇り、毎週、有料級の動画をアップしてますのでチャンネル登録がまだの方は今すぐ、こちらからご登録ください。

 

タイトルにあるように皆さんに翼を授ける、生えやすくしてみようと思います。

できるかな?しらんけど。
(ちなみに別にレッドブルの回し者ではありません。)

翼生えてるときって?

今、特に仕事をする中で、自分に翼が生えているかもという瞬間はありますか?
週に1回とか、月に一度とか、まぁそれ以下でも全然構わないんですが、
もしあったら、それはめちゃくちゃ尊いことです。
なので、「翼はえてるわ~!」ってな人は、その勢いに任せて物事を前に進めてしまうと良い気がします。
その時のコツをお伝えします。
今進めてるものは、多少粗くてもいいんで、ちょいと強引にでもとにかく進めてください。
なぜならその感覚は、時間的比率としてはほんの一瞬だったとしても、
仕事、生活、自分の活動全般を支える精神的な礎になり得るものだと思うからです。
弊社セミナーでも使う「2:8の法則」に似たようなもんで、
「0.01:0.99の法則」(あ、1:99の法則でもよかったな。)のような極端な形で、
その一瞬の勇気や行動が全てを支える。
そんなもんだと思うおいらです。(ひろゆきではありません)
実際に、私もコーディングだったり、その前のデザインをしたり、
っていうときに、神が降りてきたときじゃないと進められないし、
コーディングもテンション上がらないとできないという感じです。
それって、アスリート、アーティスト、めっちゃ成功している事業家などなど、
華やかに見えている人も、たぶん割と昨日と同じ今日、今日と同じ明日を
過ごしていると思うのです。
(とくに新人さんにはこれを伝えてあげないとダメ。だから節目大事なんだよって話。コンサル先のスタッフさんならわかるよね?)
じゃぁ、なんで彼らが輝いて見えるか、そして日常はほとんどの人と変わらず思いのほか繰り返しであろうとも気持ちやバイブスが上がっているのかは、
いざ気持ちのバイブスがガチあがった時に物事をググッと進める能力に長けているからではないかと思うおいらです。
つまり、いざというその時のために、日頃から結構準備している(日々繰り返している)、
そういうことではないでしょうか。

じゃあ、翼生えてないってときは?

逆に最近久しく翼生えていないかもという方は、おそらく何かを変える時期だと思います。
一時的にでも住む場所を変える、付き合う人を変える、、、まぁそれができればベストですが、たぶんそこまでするのはハードルも高いし、仕事場だと人は変えられないし、、、ってことになるので、
もっと小さなことでもやってみるということ。
  • 自分に力を与えてくれそうな本を読んでみる
  • 他責を封印して何事も自責として自分なりの改善を試みる
  • 逆に自責をやめてとにかく自らを尊ぶよう努める
  • あと精神論ぽいのですが家族や同僚、コンビニ店員さん、全てに何かと有難うを伝える

とかも案外良い方法かもしれません。

関わることが面倒くさくない、むしろ気持ち良い。
そう気持ちを変えられたら勝ちだと思うんです。

最後に「しらんけど」ってつけたら怒られると思ったので、最初に言っておくと、
別にこれをやったからといって必ず翼が生えると約束できるわけでもなくないのですが、
常にその確率を高める努力を全方位的にする、
できればそれが息するように当たり前になる。
そこまで気持ちを変えられたら、これって結構いいと思うんですよね。
今の世の中、そういう生存戦略が割と有利なのではないかとふと思ったので、
他のコンサルタントと違って、わけわからん内容かもしんないんだけど、
結構いい内容だと思うおいらです。
そんなこんなで、おあとがよろしいようで。

投稿者プロフィール

染谷 東希
染谷 東希
慶応大学卒業後、投資コンサルティング会社に入社。2年連続売上No1達成。
工業系専門商社を経て、友人の父親が経営する会社再生のため新規事業に参画。
全く知識・経験がなかったWEBメディアを立ち上げ、開始わずか半年で月2千万円の利益が出る事業へと育てる。その発想力と実行力、マーケティング力で成果を出している。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

タイトルとURLをコピーしました