企画から1ヶ月で患者さん向けセミナーを行う方法

患者様満足度アップ

皆さん、こんにちは。歯科医院地域一番実践会の五島です。先日、ある衛生士さんが即席でイベントを立ち上げて、7組ほど親子を集めてセミナー(イベント)を成功させていたので、その方法を共有します。

●開催条件/必要なもの

・10名ほどの集めて話ができるスペース(待合室、スタッフルーム)
・パソコン、プロジェクタ
・スライドが作れるスタッフ
・時間の確保
・できれば託児サービスをやっていること。

●患者さん向けセミナー内容概要

子供の口腔内の健康への意識が高い保護者を対象にします。当たり前の話ですが、保護者(主に母親)は子供の健康について歯科医院に質問したいことがあるからです。来院したいときに先生に質問したいけれど、なかなか時間がないという問題も解決できるでしょう。

【1ヶ月前~2週間前】

セミナーイベントの内容を決めるには

1.質問のリストアップ
まずはスタッフ(主に歯科衛生士でしょうか)から、普段患者さんからよく聞かれる質問をリストアップします。全員でやる必要はありません。中心になる1~2名が考えてください。「フッ素はいつから塗っていいのか?」などベーシックなもので構いません。そういうことは知ってるんじゃないかということは考えず(だいたい知らないですし、調べる時間もないと思うので)、どんどんリストアップしましょう。

2.回答の用意
質問を10~20個くらい出せたら、また中心となる1~2名で回答を作ります。スタッフ全体で考える必要はありません。それをするとミーティングの時間を別途持ったりしなければならず、先に進みにくいです。ましてや1ヶ月という短期間で成功させるには少数精鋭がいいでしょう。

3.スライドと案内用掲示物を作る
質問と答えができたらセミナー用のスライドを作ります。これはパソコンが得意なスタッフがやればいいです。案内用チラシも簡単に作っておくといいでしょう。

【2週間前】参加者を集めるには

内容がだいたいできたら、参加者を集めます。短期集中で2週間でいいでしょう。託児サービスをやっていれば集まりやすいです。託児を利用している保護者の方に案内してください。目標は5組です。数組でも構いません。1度はやってみて、反応を見つつ修正していくのが現代風です(スマホのアプリだって完成品を作らずに、しょっちゅうアップデートしていますね)

【開催】

平日の午前中に1時間ほどで開催します。運営するスタッフ1~2名のアポは抑えておく必要がありますが、他は普段どおり診療をします。

 

以上、簡単に患者さん向けセミナーを開催する方法でした。他にイベント関連については次のエントリーも参考になるかと思います。

歯科医院のイベントってどうやって考えるの?経営に必要?
昨今、イベントをいかにうまく執り行うかが歯科医院の経営に置いて重要な課題になっている場合があります。どのよã...

イベントの開催法については、次のような書籍もあります。

投稿者プロフィール

五島 光
五島 光
元関西の進学塾の先生で中学受験・高校受験生を指導。わかりやすい授業で人気を博す。コンサルティングでは、スタッフ数名から数十名のところまで個性的で幅広い歯科医院とじっくり向き合う。クライアント数は社内一。
マーケティング、マネジメント、TC育成など仕組みづくりに粘り強く取り組むのが得意。
「勉強好き」も社内一で、現在、社会人大学院で経営学を学んでいる。第1期から歯科医院スーパーTC育成塾メイン講師を務める。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

タイトルとURLをコピーしました