歯科医院にオンライン診療を導入する前に知っておくこと

院外マーケティング

このブログは約 4 分で読めます

皆さん、こんにちは!
歯科医院地域一番実践会の井ノ上です。

いきなりですが、今後、歯科医院でもオンライン診療の需要が高まっていくと考えられます。

近い将来、間違いなくオンライン診療がスタンダードになり、オンライン診療を導入していない医院は淘汰される時代がくるかもしれません。

そうならないにしても、時代の流れに合わせて診療スタイルを柔軟に変えていく姿勢がなければ、今の時代、生き残るのは難しいでしょう。

ただでさえ、競争が熾烈な歯科業界です。他院を出し抜くぐらいのスピード感でオンライン診療も検討してしくことが大切になります。

では、どのようにオンライン診療をやればいいのか…

手っ取り早く、オンライン診療を導入するにはサービス業者に依頼するのが良いでしょう。

現在、医療分野でオンライン診療サービスを提供している会社がいつくかありますので、ご紹介します。

ただ、これらのサービスは医科を中心に展開しているので、歯科医院の診療にフィットしているかは別の問題なりますので、導入に際しは注意が必要です。

CLINICS(メドレー社)

CLINICSオンライン診療|クラウド診療支援システムCLINICS(クリニクス)
導入実績No.1のCLINICSオンライン診療はオンライン診療に必要な機能がすべて揃っています。予約・問診・診察・決済などのオンライン診療に必要な全ての機能をすぐにご利用いただけます。

CURON(MICIN社)

curon(クロン)
スマホが、あなたの診察室になる。curon(クロン)は、いつでもどこでもスマホから診察・処方が受けられるオンライン診療サービスです。

YaDoc(インテグリティ・ヘルスケア社)

オンライン診療・疾患管理システム YaDoc(ヤードック)
株式会社インテグリティ・ヘルスケア(代表取締役会長: 武藤真祐)が企画・運営するオンライン診療・疾患管理システム「YaDoc(ヤードック)」は、主要病院をはじめとする多くの医師や医療機関にご利用いただいています。

ポケットドクター(MRT社)

TOP | スマホでオンライン診療 ポケットドクター
日本初!スマホで医師と話せるオンライン診療サービス。

これらのサービスを導入するには、初期費用が数十万円、加えてランニングコストとして、月額数万円がかかります(場合によって初期費用がかからない、割引になるサービスもあります)。

決して安くはない費用になりますので、オンライン診療により新患増がどれだけ見込めるのか、患者様への満足度は上がるのかなど、費用対効果をしっかりと見定める必要があります。

また、実際に運用できるかが導入する上でポイントになります。

オンライン診療を導入したはいいけど、患者様に存在を知られておらず、まったく利用されない。また、オンライン診療に対してスタッフが協力してくれず、うまくいかない、など事前にオンライン診療の導入の見極めを行うことが必要です。

オンライン診療を導入するに辺り、歯科医院で考慮するべき点として、診療の流れを把握しないといけません。診療の流れは以下になります。

【オンライン診療の流れ】

・診療の予約受付
・オンライン問診
・ビデオ通話
・決済
・処方箋の配送

この項目ごとに、現在の医院側で新たに発生する作業、例えば、来院患者用のアポ管理とどのように併用していくのか、ビデオ通話はどこでだれが実施するのか、処方箋はどのように配送するのか、住所のラベル印刷は、配送手続きはだれがやるのか、など、検討事項はいくつもあります。

冒頭でオンライン診療の導入をお勧めはしましたが、何も考えずに導入しても上手くいくとは限りません。医院の規模/状態、スタッフのマネジメント状態、患者様のターゲット層など、様々な要因をしっかりと分析した上で、医院に合ったオンライン診療の形を見出すことが、地域一番を目指す医院の理想ではないでしょうか。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

井ノ上 貴之
井ノ上 貴之
鹿児島県出身。鹿児島大学を卒業後、大学院に進学、ディープラーニングに関わる研究に従事。修了後、富士通(株)に新卒で入社。 入社後、業務システムの中核を担うソフトウェアの開発に従事し、入社3年目で海外向け財務ソフトウェアの開発に携わる。海外のパートナーと組んで、欧州で主要国の商談を次々に獲得。海外で60カ国以上の導入し、社長賞を獲得。国際大会やミーティングで発表し、財務分野でのデータの二次利用性の向上や技術の発展のための、啓蒙活動を行う。



国内外での活躍が認められ、社内のグローバル研修に選抜、アメリカにて最先端の開発手法やマネジメント手法を学び、帰国後、社内の開発プロセスとプロジェクトマネジメントの改善に従事。



最先端の開発技術にとどまらず、組織マネジメントや品質マネジメントを学ぶことで、マネジメントの奥深さに気づき転職を決意。代表の岩渕とは趣味のバスケットボールを通じて親交があり、経営戦略研究所の理念・ビジョンに感銘を受け、入社に至る。

IT業界で培った知識・経験を生かし、医院を地域一番へと導く。


プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!

タイトルとURLをコピーしました