今年のGWに起きた異変とは!?

スタッフ教育

このブログは約 6 分で読めます

皆さん、こんにちは。
歯科医院地域一番実践会 地域一番化マスター 岩渕龍正です。

先日、歯科医院地域一番実践会主催の「歯科医院新人スタッフ研修」が開催されました。
今年は例年以上の東京・大阪・名古屋会場、合計で770名を超える方が参加されました。

参加者の人数もなることながら、実は密かに、私が驚いたことがあります。
それは何だと思いますか?

実は、例年、GW明けが憂鬱だったのです。
別に、仕事をしたくないとか、そういうことじゃありません。
GWが明けると、新人スタッフ研修に申込んでいる医院さんから続々と電話がかかってくるのです。

「新人スタッフ研修に申込んでいた新人の●●が退職したので、今回のセミナーはキャンセルでお願いします」

という連絡が酷い時は参加予定の10%ぐらいあったのです。
それほど、多くの女性スタッフがGWをきっかけに退職していたのです。

ところが
ところが

今年はその5月病による退職がほぼ皆無だったのです。
これって、凄いことです。
むしろ、コロナの影響でより5月病による退職者が増えると思うじゃないですか?

それが真逆の結果になったのです。
何故だと思いますか?

もちろん、明確な根拠があるわけではありませんが、私には持論があります。
それは・・・

河原でBBQです。

若者は何故か、GWと夏には河原でBBQをしたがります。
勝手な推計によると80%ぐらいは河原でBBQ。

しかし、今年はコロナの影響で緊急事態宣言が発令され、河原でBBQをすることが難しくなりました。
それによって、河原でBBQをする人が劇的に減ったことが退職者が減った最大の要因だと私は考えています。

では、なぜ、河原でBBQをすると、退職する確率が上がるのか?
河原でBBQをすることで、同期や友達といろんな話をします。

そこで、

他の歯科医院はこんなに良いんだ、うちの歯科医院はこんなに酷いんだ、こんなに院長はヒドイ人なんだ。
やっぱり、そうなんだ。
自分も薄々、そう思ってたけど、やっぱり、そうだったんだ。
こんなに遅くまで残らされて練習させる医院なんてないんだ。

もう、こんな医院、辞めてやる!

こんな思考プロセスが働くようなのです。
他にも、他の仕事をしている人から河原でBBQしながら話を聞くことで、

歯科医院の仕事って、やっぱり他の仕事に比べて凄い大変なんだ
皆はもっと、仕事だけじゃなくてプライベートも充実して、楽しい毎日を過ごしてる
それに比べて、私は毎日、遅くまで練習ばっかりで、院長からは怒られてばっかり
こんな仕事をしたかったわけじゃない!

もう、こんな医院、辞めてやる!

こんな思考プロセスが働くようなのです。
他にも、GWに遊びまくることで、

やっぱり、プライベートが充実してなければ、何のための仕事なのか分からないよな
やっぱり、土曜日遊べないとみんなと予定が全然合わないし、私だけみんなとあんまり遊べてない
このままだと、皆からハブられちゃう

彼氏からも捨てられちゃうかもしれない
もっと、早く帰れて、土日も遊べるところに転職しないと

もう、こんな医院、辞めてやる!

こんな思考プロセスが働くようなのです。

でも、これって、ほぼ全部、無駄な思考じゃないですか?
そうなのです。

GWとは、河原でBBQを誘発し、何も仕事ができない新人に余計なことを考えさせるだけの無駄なお休みなのです。
立派な「5月病」という名前までついているのです。

これによって、歯科業界だけではなく、一般業界でも多くの新卒が退職し、急いで変な会社に転職し、ブラック企業に入社したり、仕事や会社が最初の会社よりも合わなくて、転職を繰り返すようになる。そうやって、転職を繰り返していくうちに、社員では雇ってもらえなくなったり、何の能力も経験も身に付けずに年齢を重ねていく人を創り出している元凶になっているとそろそろ、社会が認めて、対策に乗り出したほうが良いのではないかと思うのです。

そうやって、キャリアがボロボロになってしまった人を立て直すのに、莫大なコスト(税金)が投入されてるのです。
会社にとっても、社会にとっても、一番は本人にとって全くタメにならない。

だったら、もう新卒1年目の人はGWなし

それでいいじゃないですか?
何のコストもかからない。
ただ単純に新卒1年目はGWが祝日じゃなくて出勤日になる。

社会トータル的なコストを考えて、それがいいのであれば、それを実行できるような社会にならないと、いつまでもなんだかんだいって、やるべきことをできずに、常に後手後手に回り、今回のコロナ対応のような愚策を繰り返すだけになってるのではないでしょうか。今回のコロナでそんな悠長なことを言ってる余裕は社会的になくなってきたと私は思います。

そろそろ、そういう危機感を持って社会が良い方向に変わっていってくれると、歯科業界ももっと良くなると私は思います。
だからといって、「うちの歯科医院では、新卒はGWの休みはなしだ!岩渕さんがそう言ってたから!」とやると、労務的に必ず、トラブりますのでご注意ください。

+1

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦成功」にも力を入れている。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

タイトルとURLをコピーしました