Googleマイビジネスの機能を最大限活用する

院外マーケティング

このブログは約 4 分で読めます

みなさん、こんにちは!

経営戦略研究所のWEBコンサルタントの茶川です。

今回はGoogleマイビジネスの機能についてご紹介していきます。

実は、新型コロナウイルスの対応として、今年に入って様々な機能を盛り込んでいる事をご存知でしょうか?

例えばGoogleマップで飲食店を探していた時、「テイクアウトOK」の表示などを見たことがあると思います。

こうした新機能は、主に飲食店向けの支援として盛り込まれた物が多いです。

しかし、歯科医院にも展開が可能な機能もいくつかあります。

今回は、これらの機能の中で使える物をいくつかご紹介していきます。

健康と安全に関する属性

最初にご紹介するのは「情報 ⇒ 属性」で選択ができる、『健康、安全に関する属性』です。

ここでは、スタッフの検温の有無やマスク着用など、新型コロナウイルス対策の取り組みを紹介する事ができます。

これらの属性は、任意に追加をする事はできませんが、当てはまる物があればぜひチェックを入れておきましょう。

今や、Googleマップは非常に多くの人の目に留まるツールとなっています。

様々な人に刺さるよう、情報量はなるべく多くしておく事が鉄則です。

また、こうした属性は随時追加をされていくので、今後も定期的に確認をされる事をお勧めします。

COVID-19の最新情報の投稿

こちらは投稿機能をお使いの方はご存知と思いますが、投稿機能の種類の中に「COVID-19の最新情報」という項目が追加されました。

例えば、医院の感染症体対策を紹介する場合などで、活用するのが望ましいでしょう。

通常であれば、投稿は1週間で表示されなくなりますが、この項目で投稿をした場合、投稿がずっと表示され続けるという特徴もあります。

ただし、この機能の投稿が優先され、通常の投稿の表示が後回しにされる仕様にもなっています。

そのため、投稿機能をよく利用されている医院では、利用の際はご注意ください。

特別営業時間の設定

最後は、新型コロナとはあまり関係のない機能のように思えるのですが、特別営業時間という機能をご紹介します。

機能は、「情報 ⇒ 特別営業時間」で設定が可能です。

この機能は、祝日や年末年始など、通常とは異なる休診日や営業時間の変更などを、マップ上に反映させる事ができる物です。

裏ワザ的な使い方として、例えばGW期間中に診療をしている場合、あえてここに診療時間を設定しておく事で、マップ上で「営業中」と強調させる使い方も可能になっています。

祝日や長期休暇のタイミングで、診療するしないに関わらず、ぜひ設定をしておく事をお勧めします。

おわりに

Googleマップの機能は進化を続けており、マップ経由でのお問合せも、多くの医院で増えてきています。

うまく活用するためにも、ぜひGoogleマイビジネスの機能は使いこなせるようになっておきましょう。

なお、こうした新しい機能を調べていると、日本では未公開の機能が紹介されている記事もまれに存在します。

また、選択中の「サービス」によっても、使用できる機能に違いがあります。

必ずしも、全てのアカウントで全ての機能が使えるわけではないので、ご注意ください。

 

この記事が、皆様のWEBマーケティングのヒントになれば幸いです。

歯科医院経営の悩みに効くクスリ

歯科医院経営のヒントになる情報を無料で公開しています。
お申し込みやご登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご利用ください。

投稿者プロフィール

茶川 智仁
茶川 智仁
広島県福山市出身。岡山大学を卒業後、大阪大学大学院へ進学し、統計学やデータマイニングに関わる研究に従事。修了後、新卒で(株)ワークスアプリケーションズに入社。

入社後、会計管理システムの導入コンサルティング部門に配属され、金融資産管理・資金管理システム専門の導入コンサルタントとなる。入社後5年間で、20社以上の大手企業のシステム導入プロジェクトに参加し、成功に導く。入社6年目に、社内で実験的に行われていたジョブローテーション制度を活用し、開発部門へと異動。コンサルタント時代に培った業務知識と現場感覚を基にした、ユーザービリティを意識した機能開発が評価され、数億円の受注に繋がる機能案件の開発などに携わる。

ワークスアプリケーションズの先輩であった岡本雅史を通じ、経営戦略研究所の存在を知る。岩渕龍正の考えに共鳴し、より身近なお客様に対して問題解決する場を求め、転職を決意。前職の開発者時代に培ったシステム知識やプログラミング能力を活かし、WEBマーケティング全般の仕事に携わる。

現在、申込受付中のセミナー

毎月1回好評配信中!

タイトルとURLをコピーしました