お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

【歯科医院経営】歯科医院スーパースタッフ育成塾 2015年第3回 開催レポート

組織を強くする仕組み作りから、仕事観の伝達まで、スーパースタッフに飛躍するための考え方・行動を学ぶ!歯科医院スーパースタッフ育成塾 第3回 開催レポート

第一講座




3ヶ月間でスーパースタッフになるための考え方を学び、宿題を通して成長するこのセミナーも、遂に最終回!

今回も沢山の宿題をご提出いただきましたが、講師の岩渕と河合も驚くほど、レベルの高い内容ばかりでした!今までやっていなかった行動をしなければならない宿題ばかりなので、参加者のみなさんは大変だったかもしれません。

しかし、苦しくても全力で課題に取り組むことで、間違いなく成長があります。患者様のため、仲間のため、医院のため、そして自分の成長のために全力で取り組むことができるスタッフがスーパースタッフに成長します。

今年の卒業生からも、間違いなくスーパースタッフが続出すると確信することができました。

そんな意識の高いメンバーが集まったセミナーの最終回。第一講座は河合良一から、「教育カリキュラム作成講座」「マニュアル作成講座」をお伝えしました。

医院の仕組みを作るのは、とても労力がかかります。しかし、医院を強くするためには欠かすことができません。

特に、新人教育カリキュラム・マニュアルが充実すると、新人スタッフの育成スピードが段違いに上がります。結果、医院全体のレベルが大きく向上することとなります。

スーパースタッフになるには、この医院の成長にとって非常に重要な仕組づくりに協力することは避けることができません。

今回は沢山のツールも提供し、それらのツールの意味・目的や作成方法をお伝えしました。宿題を通じて、ぜひ医院にとって価値ある仕組みづくりのきっかけとしてください!

第二講座




第二講座の前半は、岩渕から宿題を振り返りながら「成長するスタッフ・しないスタッフ」の違いをお伝えしました。

今回の宿題は、仕事への考え方・姿勢や、院長・スタッフに対しての考え方が非常に問われるものでした。実際に実践したことのフィードバックがあるので、多くの参加者のみなさんが、自分の取り組み方と照らし合わせて様々な学びを得ていたようです。


準が高いスタッフの考え、行動に触れることにより、自分自身の基準を見直すきっかけになります。そして、それにより行動の基準が変わり、成長していきます。今回の宿題と講座が、みなさんの成長のきっかけになったのではないでしょうか。

そして、後半は「仕事観伝達」講座です。スーパースタッフとなるには、後輩や新人に対して「あり方教育」ができるようになることは必須です。

それを伝えるためには、自分自身が「何のために仕事をするのか?」をしっかりと見つめなおし、そして医院が求める仕事観を腑に落とす必要があります。

スーパースタッフ育成塾では、改めて「医院のため、患者様のため、自分の成長のため」に働くとはどういうことか、スーパースタッフになるにはどんな仕事観を持つ必要があるのかをお伝えしています。加えて、「素直さ」「プラス発想」「勉強好き」、そして「情熱」の重要性、意味をお伝えしました。

そして、それらの考え方を、どのように伝えていくかを学んでいただきました。

このような「あり方教育」を院長ではなくて、スタッフができるようになると、医院のレベルが大きく向上します。院長が伝えるよりも、同じ立場のスタッフから伝えたほうが新人の心に響くことも多いのです。

これまでの講座でお伝えしてきたことと、今回の講座の内容を実践していけば、仕組みづくりによって医院に大きく貢献し、仕事観伝達により後輩スタッフの考え方にまで影響を及ぼせる真のスーパースタッフへ成長できるはずです。

セミナーが終わってからも、岩渕が繰り返しお伝えしていた「今までと違った行動」「今まで以上の行動」を続けていき、みんなの憧れとなるようなスーパースタッフへと成長してください!

歯科医院スーパースタッフ育成塾 第3回 参加された方の感想

大阪府 医)天紋会 あもうホーム歯科クリニック 受付 増田 友紀 様

いつも本当にためになるセミナーありがとうございます。今回は医院から1人での参加でしたので、無駄に過ごさず何か必ず持って帰ろうと思っていました。「目標はできるだけ早い行動」これはやはり時間がたつほど”やりたい””いいなあ”と思っていた事も忘れてしまったりするからです。何度も何度もテキストを見返して、うちの医院ではどのように実践すればいいか。考え、まとめ、院長に相談してスタッフに伝えコツコツやって取り組みました。大変な事もありましたが、得る事も多く、とにかく実践は楽しいと思えました。”ありがとう”という言葉が心地良いと言う事にも気付きました。第3回を受講し、すでに”あれやりたい””これ相談”など次なる実践でやりたいことが思い浮かびました。楽しみです。それをする事できっとAHCはまたよりステップアップします。実践し医院が向上する事でスタッフも自分も患者さんも院長も働きやすく良い治療が提供出来る、一瞬は大変だと思うけれどその先には良い事が大なり小なりあると信じています。1~3回のテキストをしっかり読み返し、すばらしいツールをフル活用し、セミナー終わって終わりではなく、コツコツ続けてスーパースタッフになります。宿題提出後も続けています。家で宿題をしたり本を読んだりしている姿を娘が見ていて同じ本を読んだり「いつもありがとう」と手紙をくれたりします。輝くと言う事は仕事だけでなく、本当に人生において濃い内容で生きると言う事であると実感しています。

愛知県 医)愛健会 新安城歯科 歯科助手 長房 千明 様

当院には新人さんに対するカリキュラム、マニュアルがほとんどありません。今回のセミナーを受けて、カリキュラム、マニュアルの大切さを改めて実感しました。おそらく他のスタッフも同じように思ったことだと思います。どのように作成していくかが分かったし、見本になるものもあったので少しずつ他スタッフと協力してやっていきたいなと思いました。あと、成長するスタッフになれるように何ごとにもやる目的、理由を明確に持ち、気付く力や、改善策を考え行動に移せるように意識したいなと思いました。育成塾で学んだことを活かし、仕事を楽しく目的をもってやっていきたいです。

東京都 はまさき歯科医院 歯科助手 武重 涼子 様

今回セミナーに参加する前は、教育をする事、下スタッフを動かすことがスーパースタッフのやる事だと考えていました。ですが、3回のセミナーを経て、大きく違うことに気付かされました。院長の気持ち、経営者の立場に立ち、下スタッフとの架け橋になるスーパースタッフの医院の中での存在はとても重要だと分かりました。今まで学んだことを、これからも継続し、院長、スタッフ、医院の為に頑張ります。ありがとうございました。

歯科医院スーパースタッフ育成塾について詳しくはこちら

top