お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

【歯科医院経営】スーパースタッフの目指すべき姿とは!?2015年スーパースタッフ育成塾第2回開催レポート

スーパースタッフの目指すべき姿とは!?歯科医院スーパースタッフ育成塾 第2回 開催レポート

今年で2年目を迎えるスーパースタッフ育成塾。
今年も多くのスタッフが宿題に全力で取り組み、大きな成長を遂げています。
プラス言葉を実践し、後輩スタッフに5分間トークを実践し、日々の医院環境整備実践日誌をつけることを通して、自分自身の思考と行動をコントロールできるようになってきています。



意識が高まっているスーパースタッフ育成塾参加者の皆さんは講座開始30分前から受付を始めるのですが、そのときには既に行列ができているのです。

そして、入場すると、愛知県最大級の歯科医院の中堅Dr・スタッフの皆さんが最高のエールで状態を作っています。

講座開始前の事前演習では今回の宿題でどのようなことを学び、気づいたのか?
そして、自分自身と医院にどのような変化があったのかをシェアしてもらいました。

すると、不思議なことがおきます。前のほうに座ってるグループほど、話が盛り上がり、笑顔が多いのです。

そして、会場後方になるほど、笑顔が減り、話もすぐに終わって、お互いに無関心になってしまうのです。やはり、自分以外の人への関心度合いの高さがスーパースタッフには欠かせないようです。

第一講座



河合の講座は「面談実践講座」です。

前回では5分間トークをすることで、後輩・新人スタッフとの関係性構築を図れるようになりました。

今回の面談実践講座によって、中堅スタッフが後輩スタッフの面談をできるようになると医院の安定性はかなり増してきます。

なぜなら、「もう辞めたいです」となってから話を院長が聞くのではなく、日ごろから、中堅スタッフが後輩スタッフに関わるようになり、定期的に面談を行うことで深い話を聞けるようになるのです。

また、後輩スタッフに問題や改善点があれば、面談で話を聞いた上で、改善を促すこともできるのです。

ただ、面談をいきなりやってくれと言われても、やり方がわからなければ、できませんし、逆効果になってしまいます。

そうならないようにするためにも、この面談実践講座で具体的なやり方を解説しています。

今回の河合の講座は「面談実践講座」です。

第二講座




今回は3回の中で唯一のゲスト講師の講座です。

鹿児島県開業 さこだ歯科医院 マネージャー 伊黒香織さんです。

伊黒さんは毎日、れっきとした歯科衛生士として日々、活躍されています。

衛生士業務もしながら、以下のような仕事をしているのです。

・カウンセリング
・スタッフ教育
・スタッフ採用
・仕組み化
・勤務医教育

ここまで、衛生士業務もやりながら、医院の成長に寄与しているスタッフを私はほとんど見たことがありません。

だからこそ、多くの参加者に話を聞いてほしかったのです。

「ここまでやってる人がいるのか」と。
そして、その私の思いは届いたようで、多くの参加者が伊黒さんの講演に涙を流し、講演後は伊黒さんとお話しをされていました。

第三講座




岩渕の講座では宿題への取り組み方がどのように自分自身の成長を左右するのか。

宿題に取組む際のポイントを最初に解説しました。

多くの参加者の皆さんが、本当に全力で宿題に取組んでくれてます。しかし、ちょっと軌道修正するだけで、更に成長につながる取り組みにできるのです。

また、それを予め、言わないのも理由があります。それは、自分で考えられるようになってほしいからです。

歯科医院で働くスタッフの大半の仕事は特性上、仕方ない面もありますが、歯科医師から指示されてする仕事になってます。

言われてやる仕事、自分の役割として決まってる仕事、自分の担当している患者さん。

このように、そもそも、何をどうしたらいいかを考える機会が非常に少ないのです。

次に、院長との信頼関係をどう構築するか、数値意識をどう医院で浸透させるかについて、解説しました。

次回までに、スタッフがどれだけ成長しているのか、今から楽しみです。

歯科医院スーパースタッフ育成塾について詳しくはこちら