お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

マーケティングのテーマ別に表示

マネジメントのテーマ別に表示

無料直接相談する

スタッフが宗教上の理由で参加できない医院のイベントが多くある

相談内容

ある宗教に入信しているスタッフが宗教上の理由で参加できない医院のイベントが多くある。皆で、一体となって頑張っていこうとしている時に、全体のテンションががた落ちになっているような気がする。医院全体で進めていきたいときに、とても困っている。

また、このスタッフはDHなんだけど、普通のDHに比べて、倍以上、仕事の覚えが悪いし、それを指摘しても、「私なりに頑張ってます!」と逆切れされてしまう。

うちはユニット台数、患者数に対してかなりスタッフに余裕を持たせている。どうしたらいいか?

岩渕の回答

宗教上の理由でイベントに参加できないことによって、そんなに他のスタッフに迷惑がかかってるわけでもないようですし、本人も気にしてくれているようなので、そこはあまり大きな問題ではないかもしれません。まったく我関せずの状態で、「自分は宗教上の理由で参加できないけど、一人だけ楽ができるからラッキー♪」という態度を表立ってしてしまっているとしたら問題ですが、そこまでひどい態度でもないようなので、この部分においては一旦大丈夫ではないかと思います。

しかし、技術不足、練習不足、向上心の不足に関しては大きな問題だと思います。
本来であれば、人数的には必要ないので、宗教関係なく、技術的に未熟で必要ないと先生が判断されるのであれば、退職を勧めた方が良いかもしれません。技術不足、練習不足、向上心の不足こそ、医院全体のモチベーションを下げてしまい、医院の基準を低くする原因となってしまいます。そうなると、今後入ってくる新人にもとても大きな悪影響が出る可能性もあります。

しかし、先生が「いや、やっぱり、全員で頑張っていきたい!」と思うのであれば、あまり厳しくいわないほうが良いかもしれないですね。厳しく伝えるだけで、辞めてしまう可能性もあるようにかんじます。

ただ、そうはいっても、何度も同じような簡単なミスをされれば、それは誰だって腹が立ちます。しかし、それを表に出しても、問題は大きくなるばかりです。

それであれば、先生から直接、言うのは止めましょう。
教育担当のスタッフをつけて、先生からその教育担当スタッフに問題点、改善点を伝えて、その教育担当スタッフから言ってもらうことをオススメします。そうすることで、本人としては、直接院長先生に言われるよりも何倍も取り組みやすくなるだろうし、先生もミスと相まって、宗教上の理由でイベントに参加できないことへのイライラを思い出さなくて済むと思いますので。

現在、申込受付中のセミナー

関連記事

top