お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

改装するぐらいなら移転開業した方が良いか? | 歯科医院経営相談事例集

相談内容

現在、居抜き開業7年3ヶ月。
建物は築28年。
改装したほうがよいと思うが、改装するぐらいなら移転開業したほうが良いのではないかと悩んでいます。

土地・建物は自分名義です。
土地・建物が2300万、機材が800万でした。
昨年は年間医業収入4400万、月間新患数は36名でした。

残債が3千万ぐらいあります。
土地が2千万ぐらいで売れるかもしれません。

隣の飲食店を購入して、そちらに拡張するか移転したらどうかと思うのですが、どうでしょうか。

今の建物ではチェアの増設が難しい。
カウンセリングをする場所もチェアサイドしかない。

移転開業するためには多額の借り入れが必要となり、現在45歳なので、返済期間を考えると、ここ数年で実行しなければと考えています。そのためには今以上の患者数、医業収入を増やす必要があり、それ以上にチーム力を強化し、患者満足度を上げていくことが重要だと考えています。

岩渕の回答

相談の文面だけでは分かりませんが、現在の医院はメインの道路から1本入ったところにあり、非常に視認性が悪く、拡張性のなさから考えても、今の医院では将来性はあまりないかと思います。

そういう意味では移転をするのはありだと思います。
しかし、移転は基本的には今の医院から3キロ以内にしないと患者さんを引き継いでいくのが難しいのが現実です。
となると、移転できる範囲には限りがあり、かなりしっかり物件を精査しないといけないのです。

移転先として、優良物件があれば話は別なのですが、そうではない場合、かなり気合を入れて探さないといけません。
しかも、年齢的にも人生をかけた大勝負になります。土地が2千万で売れたとしても1千万は負債が残ることになります。

隣の飲食店が非常に良い物件であれば良いのですが、物件を見る限りはそんなに優良物件とは思えません。
できれば、不動産屋などに頼るのではなく、自分の足で近隣でより大通りに面していて、良い物件を探して、そこに移転するほうが良いのではないかと思います。

現在、申込受付中のセミナー

関連記事

top