お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

【歯科業界最大規模の新人研修】歯科医院新人スタッフ研修2017 開催レポート

スタッフ教育にはまずあり方重要
仕事観を伝えるには入社して半年以内勝負となります。
歯科業界最大規模の新人スタッフ研修

歯科医院新人スタッフ研修2017 開催レポート

歯科医院新人スタッフ研修は今年で11年目になりました。今年で受講生は4,857名となり、歯科業界最大の参加人数を常に更新していっております。

今回の開催は東京・名古屋・大阪の3会場、全国から562名の新人スタッフの方が参加されました。北は北海道、南は沖縄までかなり遠方から来ているスタッフもいらっしゃいます。新人スタッフ研修は多くのお申込みをいただいたため急遽会場も広げる形となり、全4回実施の中では過去最大のご参加人数となりました。

新人スタッフ研修の主な目的としては「仕事観」を整えること。

仕事に対する考え方を整えられるのは入社してすぐのタイミングのみとなります。入社して数カ月すると与えられた環境になれてしまいます。最初から仕事に対する考え方を正しく持って仕事をするのと、途中から仕事に対する考え方を教えられるのでは、当初から仕事観を身に着けているのでは技術の習熟度だけでなく院内での人間関係構築、コミュニケーション量にも大きな違いが出てきます。

院長先生が思ってはいても医院ではなかなか伝えられないこと、スタッフがチームワークをもって院内でコミュニケーションをとるための方法など具体的なことをお伝えしました。

 

2017年開催では初めて歯科医院地域一番実践会のセミナーに参加した医院様も多数いらっしゃいました。初めての参加のため、スタッフだけでなく院長先生自身も緊張していることがひしひしと伝わってきました。

結果、4時間後はスタッフも院長先生も笑顔で会場を後にされました。

開催後にスタッフが写真撮影を求めてくれ、「今できることを一生懸命行っていきます!」と力強い言葉を残していってくれると嬉しいです。

セミナー翌日、院長先生からも弊社に下記のようなメールを頂きました。

「新人スタッフ研修に参加したスタッフの様子が朝礼から変化しました。まず挨拶が変わりました。コミュニケーションが苦手だったスタッフが目を見て話をするようになりました。すごいです。ありがとうございました!」

こんな変化が4時間のセミナーで起きました。

 

第1講座

第一講座のテーマは「歯科業界の現状」。歯科業界の競争はさらに激しい状態になっています。何故なら新たに経営する歯科医院の先生方が技術面だけでなく経営手法も学んでから独立をされているからです。

今までは既存の歯科医院競争に勝てばよかったのですが、新たな知識、手法を身につけている歯科医院の発生は新患患者様の減少、既存患者様がセカンドオピニオンを聞く場所としての活用につながっています。

行動している歯科医院、行動をしていない歯科医院の差は数日間でも圧倒的になっていきます。

まずはその事実を院長先生だけでなくスタッフ自身も知る必要があります。事実を知らなければ行動をする意味づけをすることができません。医院が一体として動くためには情報の共有、共通言語が必要となってくるのです。
「歯科医院は競争が激しいみたい。」だけの情報ではスタッフは行動してくれません。スタッフが行動するのはその事実が自分自身の生活や行動に影響があるとわかったときです。だからこそ、事実としての歯科界の現状を知る必要があるのです。

第2講座

第二講座では何のために働くのか、仕事観についてのお話をさせていただきました。仕事の見方次第で物事の考え方が大きく変わってきます。この仕事観は入社してから半年以内に教えておく必要があります。

それは、人は環境に慣れてしまうと、今以上の努力をしようと思わなくなってしまうからです。環境になれてしまった後に、新たな教育を行うことは難しいのです。もちろん変化させること、教育することはできなくはありませんが時間がかかります。
スタッフの中では「今まではそのような考え方でなかったのになぜそのような考えをしなくてはいけないのか」という疑問が生まれてしまうのです。

チームが一体となるためには初期教育が非常に重要です。

何のために働くのか、どのように仕事を捉えていけばよいかをお伝えしました。

新人スタッフの多くは自分の医院のことしか知りません。新人スタッフ研修では全国の歯科医院のスタッフがどのような努力をして成長をしているかという事例もお伝えします。具体的だからこそ行動を変えることができるのです。

成功哲学本に書いてあることをお伝えしているのではなく、事実歯科医院で起こっていることをお伝えするからこそ受講している新人スタッフが行動を起こすことができるのです。

第3講座

第三講座はプロフェッショナルスタッフになる方法をお伝えしています。

いきなりプロになることは難しいです。しかしプロとしての意識を持って働き、プロとしての行動をとることはできます。プロフェッショナルとはプロになるための過程を歩んできた人が到達する成果です。日々の積み重ねの上にあり、一気に到達するということはないのです。

講座内では自分から行動することの重要性や、言葉の大切さ、チームワークをよくするために新人スタッフが行動すべきことなどをお話しております。

新人スタッフの多くはプロということを意識したことがありません。しかし、患者様にしてみれば入社1日目であっても、10年目であっても同じプロとしてみなされるわけです。

「あのスタッフは新人だから仕方ないな…」

とは思ってくれません。医療であれば新人が多い医療機関は不安だから安定している医療機関に通いたいと感じ、他の医院に転院されてしまいます。歯科医院はコンビニエンスストアよりも多い数なのです。

一人一人がプロとしての自覚を持ち、行動をすることが歯科医院で成果を残す方法です。しかもそのプロ同士が強く連携するということが必要なのです。ただプロとして存在しているだけではバラバラのチームになってしまいます。

プロ集団というのはチームワークがとれていて、心から医院のこと、患者様のこと、仲間のことを考えてくれるスタッフのことを言います。
そんなプロ集団を一医院でも多く創っていきたい、と思っています。

新人スタッフだけでなく院長先生自身もご参加されて共通言語をもつことをお勧めします。おそらく新人スタッフ研修が唯一院長先生と新人スタッフが参加できる研修になるからです。2018年の開催も楽しみにしています。

ご参加いただきました歯科医院の皆様、本当にありがとうございました!

top