2019年 矯正専門精検数150%UPセミナー 開催レポート

矯正専門精検数150%UPセミナー
飛躍的に矯正治療つなげる方法!
矯正専門 精検数150%UPセミナー」が開催されました!!

2019年度「矯正専門 精検数150%UPセミナー」開催レポート


今年13年ぶりに矯正専門向けセミナー「矯正専門 精検数150%UPセミナー」が開催されました。

今回のセミナーは、昨今の矯正歯科業界を取り巻く状況を踏まえ、矯正専門の医院様でもすぐに取り組むことが出来る「マーケティング」「マネジメント」についてお伝えするセミナーでした。

セミナー内でも触れましたが、インビザラインなどのマウスピース型矯正の普及により、従来にくらべて矯正治療が身近になりました。それと同時に、一般歯科での矯正治療の導入が進んでおり、一般歯科からの紹介の減少、一般歯科でのバイトによる収入が減ることが予想されます。

このような矯正専門の先生方を取り巻く環境において、実際にお伺いしている医院様でのコンサルティングを通して、成果のあった事例をもとにお伝えしました。

実際に成果のあった内容をすぐに医院で実践に落とし込むことが出来るように設計し、特に第一講座では、その場で確認しながら、「即実践」をコンセプトとしたセミナーでした。

第一講座


第一講座では、コンサルタントの染谷東希より「院外マーケティング」についてお伝えしました。精検数をアップするためには、「初診相談(入り口)」でまずは母数を獲得することが重要になります。その院外マーケティングを「ネットマーケティング」と「リアルマーケティング」の両面からお伝えしました。

ネットマーケティングでは、どのようなホームページを作成することが重要か、かなり実践的な内容でSEO対策なども含めてポイントをお伝えしました。

その場でスマートフォンを使いご自身のホームページを確認し、すぐにホームページ業者さんに改善依頼が出せるワークを実施しました。


また、SEOのみではなく、MEO、専門サイト、ランディングページの重要性や施策を細かく紹介いたしました。特にランディングページでは効果を高めるための認知心理学を活用した画像作成方法までご紹介しました。

一方、リアルマーケティングでは、特に小児矯正で効果の高い野立て、院前看板。また、講演を通したツール化の方法をお伝えしました。

今後の競合となる多くの一般歯科さんでは、実はすでに行われている内容も多く、若干難しい内容になってしまいましたが、細かくお伝えしました。

第二講座


第二講座も、引き続き染谷より「院内マーケティング」をテーマで講座を行いました。第一講座の施策をもとに、来院いただいた患者様を「いかに精検に移行させるか」について、「ツールの使い方」「カウンセリングの流れ」「トークスキル」について具体的にお伝えしました。

患者様ご自身に「いかに矯正治療を自分事として捉えてもらえるか」、そのためのトークの流れ、質問の仕方、表現方法などを患者様目線でどのように伝えるかを説明しました。

そして、患者様が理解出来る説明をするときに欠かせないのが、「ツール」です。初診相談時にどのようなツールを準備し、そしてそのツールをどのように活用して患者様にお伝えするのか、という事をどの医院様でも実現出来るように具体的に紹介致しました。

ただ、難しいことではなく、スーパーTC育成塾でお伝えしている「患者様のニーズをどのように把握し、そして治療に対するモチベーションをいかに上げることが出来るのか」
というポイントがどこにあり、どのような質問を投げかけるのか、そして話し方をするのか、を伝授しました。


セミナー内では、同じ席に座っているゲスト同士で、患者様のニーズを聞くための質問をシェアしていただき、一人では思いつかない質問を多く共有できました

第三講座


第三講座は、岩渕龍正から「信頼関係構築強化のためのマネジメントスキル」という内容をお伝えしました。

第一講座、第二講座を通して、多岐にわたる院内外でのマーケティング施策をお伝えしました。しかし、その多くが院長一人ではなく、スタッフの協力が必要なり、精検数アップにはスタッフとの信頼関係構築が重要になります。

信頼関係構築のための感情のコントロール方法から始まり、昨今の労務環境を鑑みた労務整備について、具体的かつ詳細にお伝えしました。

また、その労務環境の上に成り立つ採用から教育方法までを約2時間にわたりお伝えさせていただきました。


以上が矯正専門 精検数150%UPセミナーの内容です。当日の学びを徹底的に院内で活用し、実践に取り組んでください。皆様の実践が成果につながることを楽しみにしています!!