2019年 歯科医院地域一番実践経営塾アドバンスコース 第2回 開催レポート

本当に強い組織に欠かせない、
リーダーシップとはなにか!?
誰でも伸びる!!文章力UPがもたらす大きな
マーケティング効果とは!?

歯科医院地域一番実践経営塾アドバンスコース 第2回 開催レポート


今年も開催されたアドバンスコースですが、この第2回が最終回となります。

過去にベーシックコースで学んできた参加医院のみが集まるこのアドバンスコース。そのため、宿題のレベルは高く、メンバー同士の会話も、「すでに成功している医院をさらに伸ばすためにはどうするか」という視点が多く見られます。

こうしたメンバーと同じチームとなり、日々取り組みを続け、互いにアドバイスをし合う関係性をつくることができるセミナー。それがこの経営塾です。


全国から集まった医院からの宿題、地域一番を実現している院長先生のゲスト講師講演、さらに、その学びを歯科医院の実際の取組みへ落とし込む具体的手法の数々。それらが詰まっていることこそが、アドバンスコースの大きな特徴です。

会場では再会する喜びもつかの間、すぐにお互いの医院の成果報告、最新事例のやりとり、情報交換が行われていました。

第一講座


アドバンス第2回の第一講座は「実践事例紹介」です。
みなさんからたくさんお送りいただいた実践事例の中で、他の医院さんにも共有したいものを選び、お配りした冊子にて掲載しています。
その中でも、成果に直結している、再現度の非常に高い事例について、講座にて解説しているのがこの講座です。

医院の規模拡大や分院展開といったアドバンスコースだからこそ生まれる課題や悩み、患者数アップや自費率アップといったマーケティング、スタッフの教育方法や労務といった組織づくりや夫婦成功など、ありとあらゆるジャンルのアドバイスをさせていただきました。

この講座内容だけでも十分に価値のある内容ですが、この実践事例の講座では、上記課題について、実際に歯科医院の現場で取り組み、成果の出た実践事例を合わせてご紹介しています。
つまり、この講座で自分の医院での課題を見つけ、あとはお配りした実践事例の通りに実践すれば、成果が出るということになります。


すでに地域一番医院となっている医院が多く参加しているこのアドバンスコースですが、現在の厳しい歯科業界において、どんな問題、トラブルが起こるかわかりません。そうなってから手を打とうとしても手遅れです。

このアドバンスコースへ参加している方々は、そのことを知っているからこそ、常に準備を重ね、取り組み続けているのです。

第二講座


アドバンス第2回のゲスト講師は医療法人 G・D・C 理事長 山口 和郎 先生です。

山口先生は2007年に経営塾へ初参加。その当時は1医院のみの経営でしたが、その後分院を展開。現在は合計3医院、スタッフ40名以上の法人となっています。

その分院展開をする上での具体的な取り組みや考え、他の歯科医院では行っていない採用の取り組みから、教育制度やその前提となるお考えなど、規模拡大には欠かせないお話をして頂きました。

それぞれの医院での医業収入を伸ばす方法、自費アップはもちろんですが、やはり、分院が成功されている医院の大きな特徴として、しっかりとした採用、教育制度が備わっています。


山口先生の医療法人もそれに当てはまり、ただ業務を教えるだけでなく、新人スタッフには、座学によって働く上での「あり方教育」を必ずされているそうです。それだけでなく、診療を休みに社内研修としてスタッフによる発表やロープレのレッスンなど、様々な社内研修を設けています。

さらに外部から講師を呼んでセミナーをしたり、外部のセミナーへの参加費支援など、教育へのサポートを徹底していました。

こうした仕組みが、法人の強い一体感を産み、成果へつなげているのだと思います。

それらの絆があって、しっかりとしたマーケティングを各医院で行っていく。それこそが、分院成功の大きなポイントとなります。

また、院長夫人との夫婦経営も行っており、本院にお二人やスタッフの皆さんのお子さんのためのスペースを作るなど、夫婦成功の秘訣などもお話下さいました。


会場には医院のスタッフさんが20名以上駆けつけ、なんと登場する際も20名で肩を組みながら登場するなど、山口先生とスタッフさん達との信頼関係を感じさせてくれました。

第三講座


第三講座は文章力UPとリーダーシップ研修についてです。

みなさんは「文章力UP」についてその重要性をしっかりと理解されているでしょうか。

一度成果の出る文章を考えてしまえば、その文章は最高の営業マンとなります。24時間働き、文句も労務問題もありません。

そして、採用においてもその効果は大きく、求職者に対して、院長先生のメッセージが伝わるかどうかで、採用の成功率に大きな違いが生まれます。

ポイントは、「人の心を動かし、行動に移せる文章」ということになります。この部分をしっかり抑えておくことが重要であり、そのための具体的な方法をお伝えいたしました。

リーダーシップについての部分では、「リーダーシップとは何か」ということからご説明しております。

なんとなく言葉は知っていても、実際に細かく説明すると難しい言葉。それが「リーダーシップ」です。なぜ説明が難しいかというと、組織の種類や規模、そのグループの環境や状態によっても様々な捉え方があるので、一言で説明ができないのです。

では、「歯科医院経営におけるリーダーシップ」とはなんでしょうか。

そして、その歯科医院におけるリーダーシップを高めるためには、どのような考え、行動が必要になっていくのか。

さらに、リーダーの示すべきビジョン、ルール、最低の基準など、マネジメントをする上で欠かせないものについても、実際の歯科医院で実践し、効果が出た事例をベースにお話しています。

以上が今回のセミナーの内容です。

参加されている多くの医院が、地域一番を達成し、さらにそのさきを目指しているこのアドバンスコース。人によっては、

「もう成功しているから十分なのでは?」

「せっかく地域一番になったのに、まだ頑張らなければいけないの?」

そのように感じるかもしれません。しかし、そうした油断、慢心、気の緩みから、組織の崩壊は始まっていくのです。

いつ、自分の医院よりも駅に近く、設備も最新、バリバリに体力のある若手院長が開業するかわかりません。そうなったときでも、絶対に負けない医院をつくるために、これからも取り組みを続けていってください。

懇親会


セミナー終了後には、経営塾アドバンスコースの懇親会が開かれました。

この懇親会は、ここでしか出会えない人との相談、情報共有、アイデアの宝庫となっています。セミナー中はなかなか話込めなかった、全国から集まったレベルの高い参加者と、たっぷり交流することができるからです。

さらに、岩渕を始めとした、弊社コンサルタントによる無料経営相談も行っています。時間に制限はございますが、無料でご相談いただけるとても貴重な時間です。

以上で今年のアドバンスコースは終了となります。


今年もたくさんの講座内容、実践事例、そして全国の参加者とのつながりを得られたかと思います。その貴重な財産を武器に、さらなる医院活性化につなげていただければ幸いです。

また来年もよろしくお願いいたします!