2019年 歯科医院新人スタッフ育成塾 第3回 開催レポート

成長していく上でとても重要目標の立て方!!
成功している人は知っている、時間有効な活用法とは!?

歯科医院地域一番実践経営塾 新人スタッフ育成塾第3回 開催レポート


早くも第3回となった、今年の新人スタッフ育成塾。全4回コースの折返しとなり、参加されているゲストの皆さんにもどんどんプラスの変化が見られます。

セミナー会場に入場してから、それぞれが取り組んできた宿題、医院での実践について共有し、互いの成果報告を行っていました。

単発で終わるセミナーではなく、継続的に行われるセミナーだからこそ、こうした振り返りをする時間が生まれます。そこからさらに、そのスタッフ同士が交流を持ち、セミナー以外の場でも互いを高め合う仲間となっていきます。

そうしたプラスの循環こそ、この新人スタッフ育成塾の大きな魅力となっています。今回も、あちらこちらで名刺交換が行われ、非常に活発な入場となりました!

第一講座


第一講座は、社会人として必要になる、身につけておきたいマナーについてです。

働く上でのマナーには様々なものがあり、

院内でのコミュニケーションマナー、勤務態度、医療従事者としての自覚についてなどが挙げられます。

これらはどれも、歯科医院で働く上でなくてはならないものです。それほど重要な項目にも関わらず、日々忙しい業務に追われ、誰からも教わることができず、ほとんどの新人スタッフがそれらの重要性に気がつけていません。


働くということは、1人で行うものではありません。必ず誰かと協力し合って行うものです。だからこそ、どうすれば自分も相手も気持ちよく働くことができるかということを、考えて行動する必要があります。

そして、医療従事者として、どのような考えを持ち、患者様と接するべきなのか、その自覚について、じっくりお伝えをしています。

どの事例においても、実際の歯科医院の事例をベースにお伝えしています。

このことは、非常に重要な項目でありながら、学校でも、医院でも教えてもらえないことです。ぜひこの内容を、明日からの業務に活用してみてください。

第二講座


第二講座は、太田歯科 DA・TC・受付 宇佐見 奈緒さんにご講演いただきました。

『なりたい自分になる』というテーマでスタートした宇佐見さんの講座ですが、初めからすべてうまくいっていたわけではありませんでした。

今でこそ医院でチーフとして活躍していらっしゃいますが、当初は歯科医院の仕事を未経験から始められ、ご本人曰く、「使命感に燃えて働いていた訳ではなく、言い訳ばかりしていた毎日」だったそうです。そこから、どのように「医院のため、患者様のため、そして自分の目標の達成のためにキラキラ働く毎日」に変化させたのか。


その時々の心境やそれに伴う行動の変化を包み隠さずお話いただきました。

スーパーTC育成塾への参加でスキルを高め、スーパースタッフ育成塾でチーフとしての考え、行動を学び実行していく。その姿に、医院全体が引っ張られるようにレベルアップをしていったその姿は、みなさんのこれから目指していく姿だったのではないでしょうか。

講座の後の名刺交換の列は、参加者の心を動かした何よりの証拠かもしれません。本当に素晴らしい講演をありがとうございました!

第三講座


第三講座の内容は「時間管理と目標設定」についてです。

誰にとっても平等に存在するものが「時間」です。しかし、仕事で成功している人は自身の時間を上手にコントロールし、うまくいっていない人はいつも「時間がない」とつぶやいています。

これはなぜでしょうか。それは、成功している人が「時間の使い方」を知っているからです。

何も考えず漠然と過ごしていると、あっという間に時間は過ぎていってしまいます。そうならないためにも、自分自身がやるべきことに費やす時間を確保すること、成果につなげるための優先順位など、必要な知識を持って時間を管理する必要があるのです。

もう一つの内容は目標設定です。


頂上のない山登りや、ゴールのないマラソンをやりたい人がいますでしょうか。おそらくいませんよね。なぜなら、人はゴールに向かってがんばる生き物だからです。

ということは、みなさんもただ漠然とがんばるのではなく、しっかりとした目標(ゴール)を定めて、それに向かって努力することが成長していく上で重要なポイントとなります。


そのゴールに、少しづつでも近づいていくことで、モチベーションを保ち、さらなる成長を繰り返すことができるのです。そのためのポイントを解説いたしました。

以上が第3回の講座内容となります。

今年度の新人スタッフ育成塾も、次回でいよいよ最終回となります。

最後まで宿題や実践に全力で取り組み、最後に全力でやりきったと言えるように駆け抜けましょう!!みなさまからの最後の宿題、お待ちしております!!