お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

一生このまま頑張り続けますか?
院長がいなくても回る歯科医院を作りませんか?
小さくても強い歯科医院を作りませんか?

2011年歯科医院地域一番実践アドバンスコース開催のお知らせ

image001これからするお話は実際にあった話です。
この医院は経営塾に参加、スタッフのモチベーションも上がり、院長もやる気になりどんどん新しいことに取り組み医院はどんどん良くなりました正に地域一番医院になったのです。

しかし、院長はいつまで経っても楽になりません
それどころか、以前に比べれば、医業収入は伸びたものの、大変になるばかりです。
まだ経験が浅い代診を雇ったことで、院長の収入もそんなに変わりません

「いつになったら、楽になるのかな~」

と将来に対する淡い期待を抱いていると、事件は起きました
何だか、スタッフの様子がおかしいのです。 これまで、あんなに頑張っていたスタッフの動きが鈍くなり、伏し目がちで院長と目を合わせようともしません頑張って定着させたはずの取組も次第に、やらないことが多くなってきました。

状況を改善しようと院長はミーティングで熱弁をふるいます。
「これぐらいできないなんて、どうしたんだ!こないだまで、あんなに頑張っていたのに!」
院長が熱くなるほど、スタッフの熱は冷めていきます。

以前よりも自費が下がり、紹介の新患も減ってる感じがします。
「何かがおかしい!」
そう思って、院長は初心に戻ってスタッフと面談することにしました。

スタッフはほとんど何も話してくれません。
しかし、話を聞いていると、どうやら新しく入った経験のあるスタッフが医院のやり方、取り組みに不平不満を言ってるようなのです。

これまで1年以上かけて医院を良くしてきたのに、医院がここまで悪化するまでたったの3ヵ月もかかりません。あっという間に医院は不平不満愚痴文句大会が開催される会場へと変わってしまったのです。

この話を読まれて、どう思いますか?
「うちの医院のスタッフは大丈夫!こんな風にならないよ」
「院長がしっかりしていれば、こんなことにはらなかったんじゃないか」
「こんなになるんだったら、経営塾に参加しても意味がないんじゃないか」
そう思われるかもしれません。

先ず、このように経営塾に参加して良くなった医院が急激に悪化してしまうということは十分にあり得ることです。それはどの医院であってもです。

あなたはこんな風に人力発電し続けますか?その頑張りは本当にどれだけ持続できますか?

それは院長がしっかりしていてもです。
組織として未成熟な医院というのは人力発電してるようなものなのです。

院長が頑張って、全力でこぎ続けないと、電力が供給されないように、良い状態が保てないのです。

ペダルを全力でこぐのを止めてしまった瞬間、電力の供給は止まり、電気が消えるのと同じように、医院の状態はすっと悪くなってしまうのです。

そんなこと、長くやり続けられますか?
私には無理です。ほとんどの人が無理なのではないでしょうか?
経営塾だって、ベーシック正会員で頑張ったペースで、これからもずっとできるかというと、難しいのではないでしょうか。

では、どうすればいいのでしょうか?
それは院長1人が人力発電する体制から脱却することです。
先ずは、院長だけでなく、スタッフも一緒に人力発電するようになることです。
そして、次は人力発電ではなく、発電機を医院に取り付けることです。

しかし、ここでいう「発電機」に当たるものはお店に行っても売ってません。
自分で医院に合わせて作らないといけないのです。

それこそが「仕組み作り」なのです。
この「仕組み作り」ができていないと、いつまで経っても、院長が全力でペダルをこいで発電し続けないといけないのです。

もし、今、あなたが海外で行われる研修に行きたいとします。

しかし、その研修に参加するには2週間も医院を空けないといけません。
更に、費用は200万円かかります。

この海外研修に何の躊躇も、何の心配もなく行けるのであれば、あなたの医院には発電機が取り付けられてるといっていいと思います。

しかし、ほとんどの院長先生であれば
「2週間も医院を空けたら、医業収入が半分になって大変なことになる!」
「俺が2週間もいなかったら、スタッフがダラけて、どんなことになるか分からない!」
「200万円もする海外研修に行くだけの費用が出せない」
など、色んなことが頭をよぎると思います。

私は是非、地域一番を目指していただきたいと思っておりますが、どこまでを目指すかはその人次第です。良い悪いはないと思います。しかし、院長がいなくても、問題なく回る歯科医院というのは最低限、実現しなければいけないのではないかと思うのです。

「大きくても弱い歯科医院」よりも、先ずは「小さくても強い歯科医院」
を目指すことが重要なのではないでしょうか。そのためには、院長がいなくても全く問題なく回る歯科医院作りをすることこそが重要なことだと思うのです。

皆さんの医院に発電機を取りつけます!

そのためには、仕組みが重要なのです。
経営塾ベーシックでは仕組み作りよりは先ず、人力発電でもいいので、良い状態を創ることに焦点を当ててきました。アドバンスでは人力発電を脱出して、発電機を創るための方法を伝授します。

あなたは恐らく、元気でバリバリ仕事をされてるでしょうから、考えたことがないかもしれませんが、長い歯科医師人生の中ではケガをすることもあります。病気になることもあります。実際、腰が悪くなって入院を余儀なくされる先生は多くいらっしゃいます。病気で1ヵ月以上、入院しなければならなくなることもあります。

そうなってから、焦っても遅いのです。
今まで、ずっとお伝えしている「仕組み化」は別に分院展開だったり、大規模歯科医院を創ろうとしなくても、絶対に必要なことなのです。でも、あなたがこれから先もずっと、今のような120%全力で頑張り続けられるのであれば、「仕組み」は必要ないです。しかし、それが無理なのであれば、「仕組み化」に早急に取り組むべきだと思います。

そうしないと年齢と共に衰える体力にしたがって、1日の患者数を減らしていって、趣味で歯科医院をやっているおじいちゃん歯科医院になるしか道はないのです。趣味で歯科治療をやれる状態であれば問題ありませんが・・・。

ですから、良くなった状態をキープするためにも、これからもっと良くしていくためにも、あなたの医院に発電機である「仕組み」を早い段階から導入することこそが、重要なのです。

そして、その仕組み作りについて学ぶのが経営塾アドバンスコースなのです。
ですから、経営塾のベーシックコースとアドバンスコースはセットだと思って参加してください。

このアドバンスコースは人力発電ではなく、発電機を創るためのセミナーですから、ベーシックのようにがむしゃらに頑張る必要はありませんので、「今年はお休みしようかな」と思っていた方も安心してご参加ください。ただ、院長一人ではなかなか、発電機を創れません。是非、一緒に発電機を創ってくれる中核メンバーと共にご参加ください

image009アドバンスコースは各医院が放っておいてもやると既存の参加者が宣言して下さった(西尾先生)ので、2011年は革命的な挑戦をしようと思います。それは、アドバンスコースの必須の宿題を実践事例だけにするというものです。また、チームを編成することもありません。各自が発電機の製作に自主的に取り組むという前提の元で、行います。

ですから、「うちはまだ早いんじゃないか」「大変そうだから」「ベーシックに参加して疲れたから」と思い悩む必要はありませんベーシックに参加したらアドバンスに参加するのがセットだと思ってご参加ください。

アドバンスに参加して初めて、ベーシックでの取り組みが仕組みとして定着するのです。仕組みに落とし込まないと「あの時は頑張ったよね」「あの頑張りはなんだったんだ」ということになりかねません。

しかも、この経営塾アドバンスコースの参加者には既に経営のシステム化をかなりのレベルで実現し、年間医業収入3億円を超えている本当の日本トップクラスの歯科医院経営者がいたりするのです。そんなセミナー他にはなかなか、ないですよ。

経営塾で友達になり、互いに高めあってます

そのようなハイレベルな参加者と話をして、自分が悩んでいることを相談できることもこの経営塾アドバンスコースの醍醐味でもあるのです。

それだけではありません。 経営塾アドバンスコースではベーシック同様に、懇親会に無料でご参加いただけるようになっております。懇親会に参加することで、また、色々な人と話をして、色々な刺激、アイディア、モチベーションを得ることができるようにしているのです。

さらに、経営塾アドバンスコースの懇親会では私、岩渕が1人10分ほどですが、無料で経営相談を受けさせていただいております。通常であれば、2時間21万円もする、私の経営相談を無料で受けられるのは経営塾にご参加いただいてるからこそです。あなたの悩みに私、岩渕がズバリお答えします。

普通であれば、1人で思い悩み、1人で試行錯誤し、1人で暗闇の中を光が見えない中で進んでいかなければいけない道を、1人ではなく既にその先を歩んでいる経営塾アドバンスメンバーという素晴らしい人たちと、そして、多くの医院をその先に導いている岩渕と共に一緒に歩いていきませんか?

アドバンス第3回は『スラムダンク勝利学』で有名な辻秀一先生(左)と『営業マンは断ることを覚えなさい』で有名な石原明さん(右)をお招きします。

2011年も第3回は正会員もDVD会員も皆さん一緒に参加していただける場を作りました。
そして、今年は歯科医院でも大きな問題となっている「心の病」が生まれない歯科医院を作り、個人個人のパフォーマンスを最大限発揮して結果を出せる組織にするための「メンタルトレーニング」。また、医院を組織化していく上では欠かすことができない「マーケティングの仕組み化」を第3回のテーマにして、正会員もDVD会員も会場で顔を合わせることのできる場を作りますので、楽しみにしていてください。

経営戦略研究所 株式会社
歯科医院地域一番実践会
地域一番化マスター
岩渕 龍正
NO.1宣言「気づきと豊かさを与える男日本一」

2011年度 経営塾アドバンスコース 開催日程

大阪会場

3月27日(日)11:00~17:30
6月26日(日)11:00~17:30
9月11日(日)11:00~17:30
11月13日(日)11:00~17:30
会場:(予定)クリスタルタワー
長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」下車 徒約歩1分3番出口からクリスタルタワー地下1階へ地下道が直結
※会場は各回、変更となる可能性がございますので、ご注意下さい。
※本年度もアドバンスコースは大阪会場のみの開催とさせていただきます。ご了承ください。
※12月にスペシャルゲストを招いた講演会+表彰式を企画中です。
※これまで終了時刻を常にオーバーしていたので時間を11:00~17:30にしました。
※講演終了後、懇親会を開催いたします。

2011年度 経営塾アドバンスコース 講座内容

岩渕の講演テーマ ゲスト講師
第1回 中長期経営計画の策定 株式会社チェンジマネジメントシステム 代表取締役 松下 智明 氏株式会社チェンジマネジメントシステム
代表取締役 松下 智明 氏
http://www.change-ms.com/
松下さんは「社長退場コンサルティング」「社長がいなくても、まわる組織をつくる」を標榜し、年商30億以下の中小企業の経営者が現場を離れるための組織づくりを専門でコンサルティングされています。松下さんは「社長が現場を離れるためには、社長が現場を離れる強い意思とそれを支える戦略・仕組みが必要」とおっしゃいます。

image025これは歯科医院でも、全く同じことが言えるのです。よく院長はこう言います。 「自分がいなくても回る医院にしたい」と。
本気でそう思うのであれば、現場を離れる強い意思と戦略・仕組みが必要なのです。松下さんには、そのお話をしていただきます。
第2回 代診Drの採用、育成 医療法人社団 翔舞会
理事長 荒井 昌海 先生
http://ms-dental.com/
荒井先生は2003年にエムズ歯科クリニックを開業。そこからわずか7年で8医院を展開するまでの法人へと成長させました。 その成長を支えたのが今ではもう、有名なマネジメントシステムです。しかし、あまり公開されてませんが、もう1つの成長の秘訣があるのです。それこそが、マーケティングの仕組みです。今回はほとんど語られることのないエムズ歯科グループのマーケティングの仕組みに焦点を絞ってお話しいただきます。
第3回 文章力UP image029 有限会社オフィスドクター辻代表取締役 辻 秀一 先生
http://www.doctor-tsuji.com/
辻先生は内科医として大学病院に勤務した後、スポーツの最前線でメンタルトレーニングを行ってきた数々の経験から、パフォーマンスを向上させるメソッドを体系化。
近年は、その辻メソッドはスポーツの分野だけでなく、子育てやビジネスなど、幅広い分野で活かされています。
辻先生の活動、考えが凝縮されているのが『スラムダンク勝利学』ではないでしょうか。
近年、社会的にも問題となっている「心の病」。院長自身がメンタルを強化し、強い組織を創っていくためのメンタルトレーニングを伝授していただきます。 日本経営教育研究所 株式会社 代表取締役 石原 明 氏日本経営教育研究所 株式会社 代表取締役 石原 明 氏
http://www.ishihara-akira.com/
http://www.nihonkeiei-lab.jp/
石原さんは勝てるビジネスモデルと売れる仕組みの発想法を学ぶ勉強会『高収益TOP3%倶楽部』を主催。発足以来8年間で3500社を超える企業経営者が学んでいます。
また、石原さん自身もメールマガジンの読者2万人を獲得し、売れる仕組みを確立。様々な業種、規模の企業に「勝てるビジネスモデル」と「売れる仕組み作り」のコンサルティングを行っている。
今回は、歯科医院における「マーケティングの仕組み化」についてお話をしていただきます。
※第3回はビデオ撮影がありません。DVD会員の皆様にも、ご参加いただく形になります。
第4回 自費率を上げる仕組み作り 株式会社マーケティング・トルネード 代表取締役 佐藤 昌弘 氏
http://www.marketingtornado.co.jp/
佐藤さんはマーケティング・営業の専門家として数々の企業のコンサルティングで成果を出しています。その代表作が『凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク』です。
佐藤さんからは高額な自費治療を売るためのカウンセリングの仕方を中心にお話しいただきます。
※上記内容は変更となる可能性があります

各回の進行スケジュール

時間帯 講座内容
10:30~ 受付開始
11:00~12:15 参加者の実践事例紹介、宿題紹介と岩渕のコメント
ご参加者から提出していただいた宿題と実践事例をいくつか紹介させていただきます。それを全員で共有化することで、実践していない人が実践しやすくなるようにしたいと思います。また、提出していただいた方からコメントを加えていただきます。また、地域一番化マスター岩渕から、コメントや実践のポイント、最新情報をお伝えします。
12:15~13:00 昼食
こちらでお弁当をご用意させていただきます。お昼の時間はお弁当をゆっくり食べる時間ではなく、各テーブルでお昼の課題に取り組んでいただきます。
13:00~15:00 ゲスト講師の講座
各回のゲスト講師から各回のテーマに沿って、2時間に渡り、自社での取り組み内容をお話していただきます。皆さんに、大いなる気づきを提供してくれると思います。
「うちの医院で活かすにはどうすればいいか」を意識しながら、お話を聞くようにしてください。
15:10~16:00 16:10~17:30 地域一番化マスター 岩渕龍正からの話
各回のテーマに沿った話を中心に、歯科医院経営の原理原則から、すぐに使えるノウハウ、実践のポイントまで、わかりやすくお話いたします。
最後の30分ぐらいで、次回までの宿題の説明をいたします。
また、講座内容により、時間が30分ほど、オーバーする可能性がございます。
18:00~20:00 懇親会(無料)
懇親会を行うのを止めようかとも思いました。なぜなら、会場を押さえるのが大変ですし、非常にお金がかかるからです。ホテルでやると、持ち込み不可だし、すごくお金かかるしで大変なんです。でも、妻の泉から「経営塾は懇親会があるから、経営塾なんでしょ!」と叱られ、「そりゃ、そうだよな」ということで、気を取り直し、懇親会をやることにしました。本来であれば、懇親会に出る人から5千円ぐらい、別途いただいて行うのが良いのですが、それですと、スタッフが他のスタッフと情報交換できなくなるので、無料で参加できる形にしました。
途中で帰るのも、OKですので、奮ってご参加下さい。
ただし、出てくるのは、ビール・おつまみ・ジュースなど本当に、簡単なものだけですので、ご了承下さい。

【2011年経営塾アドバンスコースご参加にあたって】必ずお読み下さい

2011年経営塾にご参加いただくに当たっていくつか確認事項がございます。

1.経営塾に参加するスタッフの基準

アドバンスコースに参加されるスタッフは医院の仕組み作りを手伝って下さる方であれば、大丈夫です。新人スタッフ以外のこれから医院の中核を担うスタッフ、既に幹部として頑張ってくれているスタッフ、Dr、院長夫人が最適かと思います。

2.分院の診療圏について

経営塾も参加医院が増え、大規模医院、分院展開している医院などが増えてきております。そこで、本院とは診療圏が重ならないんだけど、分院と診療圏が重なるというケースがあります。

このようなことに対応するために、2007年から分院についてもしっかりとした取り決めをさせていただきました。

(1)分院の定義について
分院とは同一医療法人が運営する医院とさせていただきます。
ですから、院長がお金を出して、新しく医院を作ったんだけど、その医院が医療法人の中に組み入れられてない場合は分院とはみなしません。2011年1月1日現在で医療法人に組み入れられてない場合は、たとえ、5月に医療法人に組み入れられても、その年は分院とはみなしません。

同一医療法人の場合には分院のスタッフであっても、2人目としてカウントさせていただきます。
しかし、旦那さんと奥さんで別々の医院を個人で運営している場合には別々の医院でお申込をいただいていると判断させていただきます。それぞれの医院で1人目の料金をお支払いいただくことになります。ご了承下さい。

(2)分院申請について
お申込時点で既に分院がある場合には必ず、事前に分院申請をしていただきますようにお願いします。「うちは分院と診療圏がかぶる医院がいても気にしないから申請しない」と思われても、周りの医院がそう思うかは別問題です。

後で、「うちの近くに経営塾メンバーの○○会の分院があるんだけど、どうなってんだ!」とトラブルとなってしまう可能性もございます。申込書にあります「分院記入欄」にしっかりとご記入をお願いします。

また、年度内に新たに分院ができる場合にも、必ず、申請をしていただきますようにお願いします。トラブルを避けるためですので、ご理解をお願いします。

新たに経営塾に参加しようとする法人の分院が既に参加している医院と診療圏がかぶっているケースがあります。そのような場合には、既に参加されている医院様を優先させていただき、分院をお持ちの法人様をお断りさせていただきます。

その法人が分院があることを隠して申し込みをし、後で、経営塾メンバーと診療圏がかぶる分院があることが発覚した場合には除名とさせていただきます。ご了承下さい。但し、その場合には既にお振込みいただきました費用のご返金はいたしかねます。

また、今後、新たに開設した分院が経営塾メンバーの診療圏と重なるというケースが想定されます。その場合にはどちらかが除名となるのではなく、お互いが発展していく道を歩んでいただくために、双方ともに経営塾にご参加いただけるようにさせていただきます。

(3)分院適用費用について
経営塾に新たにお申込いただいた医院が既に申請していただいている分院と診療圏がかぶった場合、以下のような対応をさせていただきます。

1.分院申請をいただいている医療法人様にご連絡を弊社からいたします
2.医療法人様で分院と診療圏がかぶる医院を受け入れるかどうか判断していただきます
3.診療圏がかぶる医院の入会を拒否される場合、分院適用費用52,500円
をお支払いいただきます。
⇒分院は同一医療法人ですので、参加費用は1医院としてはいただいておりません。しかし、診療圏が重なる医院の入会を拒否することによって1医院としての参加に近い形になりますので、相当額の費用をお支払いいただくということです。

新たにお申込いただいた医院と診療圏が重なっていないかどうかの確認をしっかりとさせていただく意味でも、分院申請はしっかりとしていただきますよう、お願い申し上げます。

3.ベーシックコースとアドバンスコースの診療圏について

経営塾ベーシックコースのみに参加しているA医院と経営塾アドバンスコースのみに参加しているB医院の診療圏が重なるケースが想定されます。

この場合、たとえ診療圏が重なっていたとしても、医院の情報が相互に伝わることはございませんので、双方にご参加いただきます。

ただし、新たにベーシックコースに参加したA医院が翌年にアドバンスコースに参加しようとしても、以前から参加していたB医院がアドバンスコースに翌年も参加する場合にはA医院はアドバンスコースにはご参加いただけません

つまり、同じコースに同一診療圏内の医院はご参加いただけないという意味です。
ですから、別々のコースであれば同一診療圏内の医院が参加することが可能ということです。

2011年度 経営塾アドバンスコース正会員 参加費用

定員:各会場60医院120名限定(1医院4名様まで)
参加費用:1人目 189,000円(税込)
2人目~ 126,000円(税込)

※1診療圏(半径1.5キロ)、1医院のみのお申込みとなります(弊社判断)。
※会場地図などの詳細は開催月、受講票と共に送らせていただきます。
※歯科医院の院長、奥様、スタッフ以外の方のご参加はご遠慮いただいております。
2人目に他の歯科医院の先生をお申込いただくことは止めて下さい。また、医院の正式なスタッフではないフリーランスの衛生士もご参加いただけません
※参加者は1年間、固定でお願いします。但し、万が一、スタッフ様が退職される場合のみ、交代でのご参加を認めております。交代を希望されない場合の返金はいたしかねます。
※稀にスタッフ様が経営塾に馴染めない場合がございます。
その際の脱退または交代は認めておりません。お休みとして扱わせていただきます。
※1人目の方がご欠席の場合に限り、講演収録DVDを送らせていただきます。スタッフ様がご欠席の場合、資料・テキストのみを送らせていただきます。ご了承下さい。
※キャンセルについては以下のようになりますのでご注意下さい
第1回開催の1週間以上前のキャンセル・・・全額返金
第1回開催の前日~1週間前のキャンセル・・・50%返金
第1回当日以降のキャンセル・・・返金はいたしかねます

アドバンスは発電機を創るセミナーです。
院長一人で発電機を創ることはほとんど無理です。
一緒に発電機を創るのを手伝ってくれる人と一緒に是非、参加してください。

それは医院のチーフ、サブチーフ、チーフ候補、見込みのあるスタッフかもしれません。
もちろん、副院長、代診Dr、事務長かもしれません。
院長夫人であることも多いと思います。

新人スタッフと一緒に参加するのは難しいかもしれませんが、これから医院の中核を担うスタッフであれば、一緒に参加する価値は十分にあると思います。

あなたの医院に発電機を取り付けるまでには、様々な苦労や悩みがあると思います。その時に、相談できる担当コンサルタントがおります。そのまま立ち止まらずに、是非、コンサルタントに相談して、前進してください。

2011年度 経営塾アドバンスコースDVD会員 参加費用

定員:全国で200医院
参加費用:1医院 189,000円(税込)

※1診療圏(半径1.5キロ)、1医院のみのお申込みとなります(弊社判断)。 ※歯科医院以外の方は、お申込みをご遠慮いただいております。ご了承下さい。
経営塾DVD会員は経営塾に参加することは出来ません。しかし、9月の第3回だけはDVDがございませんので、ご参加いただくことが可能です。
※通常、セミナーDVDはセミナー参加料金よりも高く設定しているのですが、経営塾だけは、DVD会員を同額に設定しているので、とってもお得です。何度も観れるし、医院全員で見ても同じ金額で見ることができます。
※DVDの内容は講演内容を全て収録したもので、内容がカットされてることはございません。ご安心下さい。

それと、「アドバンスはレベルの高い先生が多いので、自分でついていけるのか」と不安に感じる先生も多いのです。そのような先生にも、間口を広げて、アドバンスの内容を知っていただくことも、DVD会員を本格化させました。

また、「日程が合わない」「大阪までは遠すぎて、参加するのが大変」という方もいらっしゃると思います。そのような方にも、経営塾DVD会員として参加していただき、より素晴らしい会にしていきたいのです。

経営塾DVD会員には、各会の大阪会場収録のDVD、テキスト、参加者からの宿題・実践事等、正会員と同じ資料(医院の経営的な数字などが入っている資料はお送りできない場合が稀にございます)が送られてきます。このようなハイクオリティな歯科医院経営情報がたったの月々15,750円で得られるのです(DVD会員の費用を12ヶ月で割った場合の金額で、追加費用ではありません)。

しかも、2009年から経営塾DVD会員様でも成果が出せるように、毎回、1回30分の無料経営電話相談ができるようになりました。
コンサルタントに現状、医院の抱えている問題を無料で相談
できるのです。これによって、DVD会員の皆様もより、成果を出せるようになりました。

voices-1
top