お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

コンサルタント別に表示

テーマ別に表示

歯科医院はどこまで「おもてなし」を追求すればいいのか?

2019年2月20日

歯科医院地域一番実践会の五島です。

OMOTENASHI が流行語になったのが2013年。東京オリンピックも来年まで迫ってきました。

さて、歯科医院でおもてなしと言えば、だいたい接遇関係をイメージすることが多いです。また次のような構図が思い浮かびます。

接遇をがんばる

患者さんの満足度が上がる

リピートや紹介が増える

この流れ自体は大きくはまちがっていません。実際、『真実の瞬間』などの書籍を読んで「患者さんに素晴らしい体験をしてもらう」ことが大事なんだと学んだ方も多いと思います。しかし、スカンジナビア航空はその後、倒産しかけています。接遇や感動の瞬間というのはどこまで大事なのでしょうか。

神田昌典さん監修の『おもてなし幻想』には、単純におもてなしを礼賛することを否定しています。満足度を上げることは大切ですが、それ以上に満足を下げるようなことをしないのが重要というわけです。もう1度いいます。まず取り組むべきは満足度を上げる前に下げない努力。治療や処置の失敗が多ければ、いくらおもてなしを強化してももったいない。ザル状態ですね。

患者さんに対して二度手間(印象に失敗してもう1度取るとか、準備物が足りなくて必要のない待ち時間が発生するとか、患者さんから質問を受けたのに正しく答えられなくて先輩や先生に交代する必要があるとか)をかけるようなことがあると、感動を与えようとがんばるよりおよそ3倍のダメージがあることが示されています。ちなみに、ネガティブな口コミも3倍増えます。

治療以外で満足度下げない当たり前の努力の参考になるもとして、実際に全国で実施されている患者アンケートによると次のような結果が出ています。

・入り口の周囲が清掃・整理整頓されているかどうかを気にする →8割近くで圧倒的
・前の患者さんが触ったと思われる毛布など診療台やレントゲン室のものがそのままで置かれているのが気になる →5割以上
・診療台のそばの収納棚や手鏡に薬品の液体などが付着しているのが気になる →5割以上
・壁に貼ってあるポスターや写真などが一部がはがれている、色あせているのが気になる →6割以上
・本棚が乱雑が気になる →5割以上
・院内の植物や花に元気がなく枯れかけているが気になる →5割以上
(『C&C別冊 かかりつけの歯科医院を選ぶポイントは? <施設・設備編>』より)

このあたりはすぐに見直せますね(スキルや知識のアップにはどうしても時間がかかるので)。

なお、当たり前のことですが、満足度を下げないことをしていればOKというわけではありません。ここがスタートラインです。知識やスキルの習得をして、適切なおもてなしがあることで満足度が上がります。スタッフのマネジメントと同じで「給料払ってるんだからいいだろ」ではなく、適切な給与プラス適切なスタッフへの応対ができていてスタッフはモチベーションが上がるわけで、患者さんへも「きちんと本質的な治療や対処ができて、プラス快い対応」が必要です。

プロフィール

五島 光
五島 光
元関西の進学塾の先生で中学受験・高校受験生を指導。わかりやすい授業で人気を博す。コンサルティングでは、スタッフ数名から数十名のところまで個性的で幅広い歯科医院とじっくり向き合う。クライアント数は社内一。
マーケティング、マネジメント、TC育成など仕組みづくりに粘り強く取り組むのが得意。
「勉強好き」も社内一で、現在、社会人大学院で経営学を学んでいる。第1期から歯科医院スーパーTC育成塾メイン講師を務める。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

  • 経営塾ベーシック
  • 経営塾アドバンス
  • 新人スタッフ研修
  • 新人スタッフ育成塾
  • 院長マネジメント
  • スーパーTCアドバンス

最新の投稿

top