お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

コンサルタント別に表示

テーマ別に表示

【画像あり】ホームページは読むものではない?

2017年12月18日

皆さん、こんにちは。
歯科医院地域一番実践会コンサルタントの岡本です。

 

みなさんはホームページにどのようなコンテンツを載せていますか?
いろいろな思い、患者さんに伝えたい事、豆知識、うちの医院ならではの特色など、
患者様に「読んでもらいたいコンテンツ」が沢山あると思います。

読まれなければ意味がない

ただ、どんなに素晴らしいコンテンツでも、読んでもらえなければ無いのと同じ。
いかにして「読んでもらうか?」を考えてコンテンツを作る必要があります。

みなさんは、ネットで何か情報を得ようとする際にどのような行動をとりますか?

キーワードで検索をかけ、
検索結果の中から自分が欲している情報だと思われるリンクをクリックし、
そこで開いたページをぱっと「見て」、
希望する情報が載っていそうだと思えば、コンテンツを読んでいきますよね。

しかし、ぱっと見て「なんか違うな?」と思えば、
また検索結果画面に戻り、次のリンクをクリックする、
という行動パターンになるのではないでしょうか。

ということは、本当に伝えたいコンテンツは

読みたいと思わせる仕掛け、つまり「魅せる仕掛け」が必要

このブログ、そもそもタイトルはよく意味がわからないように書いていますが、
なんとなく写真のインパクトで開いてしまった方も多いのではないでしょうか。

また、タイトルに隅付き括弧で【画像あり】と書いてあるだけで、
なんとなく情報が得られそうな気がするので、
それがないのと比べるとアクション率が上がるそうです。
(これは何かの研究結果ではないと思いますが)

 

院内ではモニターや掲示物、
院外に対してはブログや様々なSNSで自医院の情報を発信する時代です。

様々な工夫で「見て」もらい
そこから「読んで」もらうという導線を考えてみると、
反応率も変わるのではないでしょうか?

例えば、

当院からのお願い

歯の根っこは複雑に分岐しているため、
治療には時間がかかります。

いつも同じ事ばかりやって治療が全然進まない!!
そう思って治療の予約を無断でキャンセルしてしまうと、
歯の状態が悪化してしまいますので、
無断キャンセルはやめましょう!

と文章で書いてあるのと

これが貼ってるのでは、どちらが「読もう」と思うでしょうか?

ぜひ、いろいろな取組を行い、

反応が変わらなければさらなる改善を継続していきましょう。

同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という byアインシュタイン

元画像は「ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰」より引用

現在、申込受付中のセミナー

関連記事

top