お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

コンサルタント別に表示

テーマ別に表示

【開業前に知っておきたい】歯科医院を経営する上で大切なことは?

2018年8月27日
【開業前に知っておきたい】歯科医院を経営する上で大切なことは?

皆さん、こんばんは。

歯科医院地域一番実践会、コンサルタントの岡本です。

 

今日のお話は、将来の開業に向けて勤務医を頑張っている方に向けたお話です。

 

多くの先生方は、多くの知識と技術を身に付けるために日々診療や練習に励んでいると思いますが、「自身が院長になった時の事」をイメージしている方は少ないのではないでしょうか。

 

経営者に必要なことは、「職人」としての診療技術だけではありません。診療技術を極めても、患者様も増えないし、スタッフも定着しない医院は数多くあります。

 

ではどのような事が求められるのか。「歯科医院スーパードクター育成セミナー」でもお伝えしている内容ですが、

 

「自分が勤務医のときにしていなかったことは、自分が院長のときにスタッフや勤務医にやらせることは難しい」

 

という一言につきるかと思います。

 

例えばスタッフのマネジメント。スタッフと仲が良いDrも多いと思いますが、きちんと伝えないといけないことを伝えられているでしょうか。しかもただ、厳しく言えばいい、という事でもありません。

 

日頃から相手に感謝を伝え、承認し、信頼関係を築いた上での注意でなければ、相手には「怒られた・注意された」というネガティブな感情だけが伝わり、本来伝えたい内容は伝わりませんよね。

 

今伝えないといけないことを「自分ごと」と捉えていない先生は、開業した際に、どのように伝えれば良いかがわからず、怒ってしまったり、オブラートに包みすぎて伝えたいことが伝わらない、そんな将来が待っている可能性が高いです。

 

「うちのスタッフは使えない」「仕事が遅い」「アシストが下手」と嘆いているけど、自身がアシストを向上させるために練習に付き合ってあげたり、教えてあげたりしていない先生は、院長になったときに、どのように教育をすれば良いかがわからず苦労する可能性が高いです。

 

勤務医という立場でスタッフとの信頼関係やコミュニケーションがうまくいっていない事を「Drとスタッフはそんなもの」と問題視していない先生は、開業後にスタッフとの信頼関係が築けずに、人が定着しない可能性が高いです。

 

ぜひ、「自分が今、院長だったら」どのような行動を起こすかを考えてみて下さい。

 

「でも勤務医という立場でどこまでやればいいかわからないし・・・」と思っているかもしれませんが、もしも先生が院長先生になったときに、勤務医の先生がマネジメントやマーケティングに積極的に絡んできてくれたらどう思いますか?こんなに心強いことはないですよね。

 

ぜひ院長先生に

「今、院長先生が困っていることはなにか?」

「今、解決したい問題はなにか?」

「診療技術の向上はもちろんだが、それ以外に自分に手伝える事はないか?」

「診療技術以外で今の自分の改善点はなにか?」

を時間を取って聞いてみてはどうでしょうか?

 

また、

「今、自分が院長だったら、今の医院の状況をどう思うか?」

「今、自分が院長だったら、スタッフとの関係性はどうか?」

「今、自分が院長だったら、医院の業績に対してどう思うか?」

そんな事を考えてみると、自分が取るべき行動が見えてくるのではないでしょうか。

 

 

もしも、これらを考えることが面倒臭い、やりたくない!治療だけやっていたい!という職人気質の先生は、「開業しない」という選択肢も視野に入れたほうが良いと思います。

 

これは嫌味などではなく、間違いなくその方が幸せになれると思います!

 

 

また、少し話は変わりますが、勤務医のうちから、率先して若手のDrや研修医、歯学部生とのつながりを作る活動を行っておいた方が良いと思います。

将来、医院の経営がうまく行って拡大をしたいと思っても、Drの採用が非常に難しいです。

 

しかし、つながりを強化しておけば、例えば、サークルの後輩の友達が「あそこの医院は勉強できるよ」とうちの医院を紹介してくれて採用につながった。そんなつながり採用の可能性がでてきます。

 

開業後にいざDrを採用したい!と思った時から行動に移しても、有効なつながりを作るには非常に時間がかかるため、すぐに結果はでません。ぜひ、今のうちから積極的に繋がりを作りましょう。

 

そして、その繋がりは今の勤務している医院との繋がりにもなります。友達に、今の勤務先の医院の素晴らしさやどういった勉強ができるのかをアピールすることで、その友達の知り合いが転職を考えていたときに「そう言えばこういう医院知ってるよ」と名前を挙げてもらえるかもしれません。

 

 

すべて可能性の話ですが、この可能性を高めていく活動をすることが医院経営にとって非常に重要な取り組みとなります。

 

ぜひ、将来の開業を考えている先生は実行してみてください。

プロフィール

岡本 雅史
岡本 雅史
早稲田大学ラグビー部では13年ぶりの大学日本一に貢献。前職の大手求人広告会社在籍中はチーフとして全社MVPを受賞。
その後、会計保守コンサルタントに転職し、大手企業を担当。
大柄な身体に似合わない高いPCスキルと営業で培った実行力と共感力で成果を出している。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

  • 経営塾ベーシック
  • 経営塾アドバンス
  • スーパーDr育成セミナー
  • 新人スタッフ研修
  • 新人スタッフ育成塾
  • スーパースタッフ育成塾

最新の投稿

top