お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

コンサルタント別に表示

テーマ別に表示

実践が増えてきたらやること!

2019年1月28日

こんにちは!地域一番実践会コンサルタントの山ノ内です。
今日は実践を数多くしている医院さんに伝えたいことを書きたいと思います。

「医院をもっと良くしよう!」
「医院の医業収入をもっと伸ばしたい!」

そんな思いでどんどん実践をする。それ自体はとても素晴らしいと思います。
多くの実践を積み重ねることで、実践の質も上がります。まさに『量質転化』ですね。

実際に、弊社の経営塾ベーシックコースや歯科医院地域一番実践プロジェクト(通称:赤本)で刺激を受け、多くの実践をしている医院さんは医業収入も伸びているところがとても多いです。

ただ、この実践が院長や経営者側主体で行われている医院さんで注意してもらいたいことがあります。それは、「ノーム(規範)」です。 

弊社のコンサルティングスタイルにスタッフ一人一人に行う面談があります。これはスタッフの成長サポートや医院の課題抽出をするために行っています。上記にあげた医院さんでのスタッフ面談で必ずと言っていいほど出てくる内容があります。それは、

「うちの医院は中途半端なんです。」
「やると言ったこともやりきれないんです。」

こんな意見がよく出てきます。そして、なにか新しいことを実践しようとするたびに、スタッフはまた中途半端になると思っています。たとえ、実践の3~7割がしっかりと行われ、成果が出ていてもそんな風に思われてしまいます。

数多くの実践すること自体に意味があり、成果がでるので、その意味付けを面談中でも行いますが、納得しきれないスタッフもいます。
そこで、先生たちに提案したいことがあります。それは、

一度、『やる』と言ったことで自然とやらなくなってしまったこと、優先順位が低いものは、『やらない』と断言することです。

勿論、これは『今はやらない』でもいいです。重要な項目だけども今は優先事項が低いこと、現時点での医院の実践力でやりきれないこともあると思います。

なぜ、これを行うかと言うと、
先程お伝えした実践が中途半端で許されるという「ノーム(規範)」が出来上がってしまうからです。ノームは言葉よりも行動で構築されやすいです。

スタッフは

「どうせ最初だけ」
「また違うことをやり始めるから、なぁなぁでいい」

そんな風に思うスタッフもいます。
スタッフがこのモチベーションだとせっかくの素晴らしい実践も台無しです。

もし、思い当たる院長がいらっしゃるなら、今までに提案・取り組んできた実践を振り返ってみてください。

・やり続けたほうがいい
・改善して、やり続けたほうがいい
・やめる(今はやめる)

ほとんどの実践が上記に当てはまるかと思います。振り分けた内容をミーティング等でスタッフ全体に周知させ、医院全体のベクトルを合わせられるようにすると良いと思います。加えて、ここで忘れてはいけないのが、『意味付け』です。しっかりと振り分けている理由もお伝えしましょう。

多くの実践を取り組んでいる医院さんは、実践一つ一つを見つめ直し、質の高い実践に変えていきましょう!

プロフィール

山ノ内 友哉
山ノ内 友哉
管理栄養士過程の大学を卒業。男性では少ない管理栄養士の資格を取得し、栄養学と関連の深い大手食品会社系列の製薬品会社に営業職として入社する。
前職の在籍期間は約8年間、700床以上の基幹病院にて医師・コメディカルを巻き込んだ 疾患教室の立ち上げ支援で医療従事者間の信頼関係構築の基礎を習得。その後、東京都内の私立大学病院を担当。そこで、自社製品の「現状」と「あるべき姿」を明確化し、そのギャップを埋める活動を週間単位で落とし、新製品で約95%のシェアを確立する。課題解決の原則を実践し、自らに落とし込む。その評価を受け、最も影響力のある東京大学医学部附属病院を担当。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

  • 経営塾ベーシック
  • 経営塾アドバンス
  • スーパーDr育成セミナー
  • 新人スタッフ研修
  • 新人スタッフ育成塾
  • スーパースタッフ育成塾

最新の投稿

top