お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

コンサルタント別に表示

テーマ別に表示

診療時間の工夫で月80万円UP可能!?

2018年9月26日
診療時間の工夫で月80万円UP可能!?

こんにちは!
歯科医院地域一番実践会の山ノ内です。
今日は意外に気づきにくい診療枠を増やす方法についてお伝えしたいと思います。

医業収入をUPさせたいと考えた時、資金的・立地的な面で拡張出来なかったり、人員も無駄に増やせないと悩まれたことはありませんか?

そうすると、「診療時間を延ばす」という選択肢に行きつく場合があると思いますが、この採用難の時期に採用を困難にしうるリスクを取ることは難しいですよね。

そこで、一つの選択肢としてご提案したいのが、「午前の診療時間を延ばす」という案です。

歯科医院はロスタイムが多い!?

休憩が2時間という歯科医院さんはまだまだ多いと思います。この時間は午前診療の片付け、午後診療の準備などを含めたら3時間くらいのロスタイムになります。そう考えると、非常にもったいない時間ですよね。ここを活用しない手はないと思います。

無駄なく、無理なく、診療時間を延ばす方法とは!?

では、具体的にはどうしていくか。
パートスタッフさんの力を生かす方法が良いかと思います。
シンプルに午前パートスタッフさんの時間を延ばす方法です。パートスタッフさんの中にはもっと働きたいが休憩が挟むために午前勤務にならざる得ない場合があります。既存のパートスタッフさんの状況を確認し、合意を得れば、簡単に取り組める可能性があります。
※午後パートスタッフさんの勤務繰り上げも同様。

人員的には、最低限は院長(もしくは代診Dr)と受付、可能であれば院長(もしくは代診Dr)と歯科衛生士と受付がいれば問題ないかと思います。特に代診Drがいると、院長と交代で休憩を取れば、昼休みだった時間をフル活用できます。午前と午後の片付けも最小限に抑えることもできます。

実際に試算すると・・・

保険点数を1枠500点と仮定し、Dr・DH・受付の3人体制で1時間を診療すると、
2枠(Dr枠&DH枠)×2枠(30分1枠)×500点=2000点

これが、2時間であると、
20000点×2時間=4000点

これを、20日の診療日で実施すると、
4000点×20日間=80000点(月80万UP)

これを、1年間実施すると、
80000点×12カ月=960000点(年960万UP)

このように、採用に不利と言われる診療時間の終わりを伸ばすことなく、かつ、新たな人員を増やさず、診療枠を増やせる可能性があります。

注意点

ただ、注意しなければならない点もあります。
パートスタッフさんの中には扶養範囲内で抑えたいと方もおります。無理な強要は労務問題になりかねません。また、診療枠を増やす分、新患対策が必要な可能性があります。せっかく増やしたのに患者が全然入らないでは効果が半減します。就業規則には、予め「業務の必要上始業・就業時刻を繰り上げまたは繰り下げることがある」など記載するとリスクマネジメントになるかと思います。

そして、スタッフの勤務時間を増やすので、最低限の診療しなければならない患者数を把握することが必要です。私がパートナーとしてお伺いしている医院さんで取組む場合は、ここまでをしっかりと固めてから取組んでいます。

拡張か!?増員か!?という2択で悩まれている先生、
一度、ご検討されては如何でしょうか。

プロフィール

山ノ内 友哉
山ノ内 友哉
管理栄養士過程の大学を卒業。男性では少ない管理栄養士の資格を取得し、栄養学と関連の深い大手食品会社系列の製薬品会社に営業職として入社する。
前職の在籍期間は約8年間、700床以上の基幹病院にて医師・コメディカルを巻き込んだ 疾患教室の立ち上げ支援で医療従事者間の信頼関係構築の基礎を習得。その後、東京都内の私立大学病院を担当。そこで、自社製品の「現状」と「あるべき姿」を明確化し、そのギャップを埋める活動を週間単位で落とし、新製品で約95%のシェアを確立する。課題解決の原則を実践し、自らに落とし込む。その評価を受け、最も影響力のある東京大学医学部附属病院を担当。
プロフィール紹介

現在、申込受付中のセミナー

最新の投稿

top