お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

「モチベーションをアップする方法を伝授!」歯科医院地域一番実践経営塾 ベーシックコース2013年第2回 開催レポート

「モチベーションをアップする方法を伝授!」歯科医院地域一番実践経営塾 ベーシックコース第2回 開催レポート



2013年のベーシックコース第2回が大阪・東京の両会場で開催されました!

やや緊張の面持ちの方が多かった前回とは違い、日頃のメールやチームミーティングでの関わりなどを通して、かなりメンバー同士の距離が縮まったように感じました。

入場時からおそろいのTシャツを着て、ほぼ全員の方が笑顔で入場されていたのが印象的でした。また、開始前のエールでも会場中が早くも熱気に包まれていました。

毎回、経営塾への参加を迷っている頃は「エールなんかやりたくない」「恥ずかしい」と抵抗感を持っていた先生でも、自然とメンバーとエールを行うようになります。

いつもと違う環境で、違う行動を取り、自ら作っている壁を突破することで自分自身が成長し、そして医院の成長にもつながるのですね。

また、経営塾では自分の医院以外のメンバーと、そして職種や経験、年齢を越えて共にチームづくりを一から行うことを通して、真のチームワークとは?より強いチームを作るには?という深いテーマを実体験で学べます。

チームの活動ひとつとっても、経営塾ベーシックコースは超実践型のセミナーとなっているのです。

第1講座




第一講座は、昨年からベーシックコース・アドバンスコースの実践事例を紹介する講座を担当する、コンサルタントの河合良一による講義です。

今回提出していただいた宿題は、左の写真のように山のような量となりました。この全ての宿題を1枚1枚全て読み込み、そして厳選した宿題を冊子にまとめてお配りしています。

まさに、これは宝の山です。他の業界で、これほど同業種の最新ノウハウが凝縮され、しかも既に成果が実証されており、導入方法まで丁寧に書かれているような冊子は、他に存在しないのではないでしょうか。

過去の経営塾メンバーも、この実践事例の冊子をボロボロになるまで読み込み、そして1つ1つ医院に落とし込んで劇的な成長を遂げた地域一番歯科医院が、文字通り全国にいらっしゃいます。

第一講座では、その貴重な宝の山から更に厳選し、第二回の時点で実践して欲しいこと、実践すれば成果が出やすい事例を紹介しました。

この講座だけでも、手元のやること表が10個以上埋まっている方もいました。ぜひ、実践につなげて下さいね!

また、その後は、『医院でどんなことを実践したのか』『成果が出たことは?』などをシェアをする演習を行いながらの昼休みでした。

それぞれのチームメンバーが実践していることをシェアすることで、さらに学びが深まり、刺激となり、実践につながりますね!

第2講座




ベーシックコース第2回のゲスト講師は、岐阜県開業・医療法人ハッピースマイル りお歯科クリニックの院長、折戸恵介先生です。

折戸先生は、2008年の開業時には立地、内装、コンセプトまで徹底的にこだわり内覧会にも1500人以上を集め、初月のレセプト枚数420枚というスタートダッシュを切られました。

そして、スタートダッシュを切っても失速していく医院も少なくない中、わずか4年で年間2億円の医院を創りあげたのです。しかし順風満帆に見える折戸先生にも、やはり試練は数多く襲ってきていました。

急成長にスタッフの成長がついてこず、信頼をしていた幹部を含む複数人の一斉退職。しかし、残ったスタッフや奥様と協力して逆境を乗り越え、強固なチームワークを持つ医院を創りあげたのです。

逆境に陥りながらもどうやって立ち直り、どうやってスタッフと一緒に医院を成長させたのか。そして、成長するための院長としての心構え、スタッフとしての考え方までお伝えいただきました。

また、マネジメント面だけではなく、開業時のコンセプトづくり、内覧会戦略、増築時のノウハウ、紙媒体・WEBを駆使した広告戦略まで、圧倒的地域一番歯科医院のノウハウを惜しみなく公開して頂きました。

マーケティング・マネジメントともに非常に実践的で、経営塾メンバーも医院に落とし込める内容が数多くありました。りお歯科さんも、開業時からひたすら実戦を重ねたことで成果が出て、問題を乗り越え、さらなる成長を果たしています。

折戸先生が目指す『自分の夢を叶え、そしてスタッフや周囲の人の夢を叶えられるような歯科医院』を創るためには、ビジョンだけでなく、日々の実戦がいかに重要かお分かり頂けたのではないでしょうか。

公演後には、スタッフの皆さんからサプライズもありました!本当に素晴らしいチームワークを見せていただき、ありがとうございました!

第3講座









第三講座は、岩渕龍正によるモチベーションアップ講座です。この講座は、毎年経営塾メンバーから「真のモチベーションがわかりました」「モチベーションを保つことができるようになりました!」など、多くの声が寄せられます。

あり方・考え方・仕事観を中心にお伝えするのですが、岩渕が最も躍動する講座でもあります。まさに岩渕の真骨頂とも言える講座です。

歯科業界で働く全国の院長先生・スタッフの皆様の人生へ多大な影響を及ぼしたと言っても過言ではありません。この日も約3時間に渡る、白熱の講義となりました。

このモチベーションアップ講座は、「モチベーションをアップする」「感情のコントロールをする」「時間管理の方法をマスターする」「全体のモチベーションをアップする」という4つのテーマに分けて行われました。

多くの院長先生、スタッフの皆さんが実践を続けられない、行動ができない理由として、「モチーべションが上がらないんです」とおっしゃいます。しかし、少し考えてみて下さい。

あなたにとってのモチベーションとはなんでしょうか。どれだけモチベーションの本質を理解しているでしょうか。そして、モチベーションを保つために必要な考え方を持っているでしょうか。モチベーションを保つために有効な行動をどれだけしているでしょうか。

多くの方が、モチベーションという言葉を言い訳に、目先の出来事、環境に流され、左右されて行動を選択し、そして「やる気」「楽しさ」「喜び」などの感情までも、外的な要因にコントロールされてしまっています。つまりモチベーションの上がり下がりも他人任せ、環境任せになってしまっているのです

人は、他人や環境など外的な影響を受けても揺らがないモチベーションを得ることは可能です。一度持ってしまえば、誰も揺らがせることのない真の「プラチナモチベーション」となります。

そして、プラチナモチベーションを身に付けることで、自分自身の選択と行動で、日々の仕事にやりがいと喜び生むことができ、仕事をすればするほど人生の幸福感が高まる状態を実現することができるのです。

そのプラチナモチベーションを身に付ける方法を、具体的な事例を元に熱くお伝えいたしました。

また、自身のモチベーションを高くするだけでなく「怒りの感情」をいかにコントロールするかの方法、考え方もお伝えしました。チームとして医院を成長させるには、まず院長先生自身が「怒りの感情」をコントロールすることが重要ですね。

そして、モチベーションと感情のコントロールを身に付けたら、さらに成果を出すための時間管理についてです。

地域一番の院長先生でも、医業収入300万円以下の先生でも1日の時間は平等に与えられています。しかし、どう時間を活用するかで1日の密度が大きく変わり、当然成果にも差がつくのです。

忙しく診療をしながらも、経営改革のための実戦を行う時間を生みだすための考え方・ノウハウもご紹介しました。

そして、講座の最後にはこの話を聞いた経営塾メンバーだけでなく、医院全体のモチベーションを高める方法をお伝えしました。

みなさん、この日1日でモチベーションが高まったことと思います。しかし、講座の中でもあったように実戦をしなければ一時的な「ペーパーモチベーション」となってしまいます。

まずは、モチベーションアップシートをすぐに書き、日々の行動に落としこみ、少しずつ医院のメンバーを巻き込んでいきましょう!

懇親会


前回に引き続き、かなりに人数の方に懇親会へご参加いただきました!講座で学んだことをシェアすることで、さらに深い学びとなっているようでした。

モチベーションを保つ秘訣の1つが、モチベーションの高い仲間と時間を過ごすことです。学びの面でも、モチベーションの面でも、非常に有益な場となっています。

また、岩渕はじめ、各コンサルタントの無料経営相談がこの日も実施されました。実践会のメンバーも、皆さんの医院の成長に本気です!

過去には、この相談によるアドバイスだけでも成果につなげられた先生が沢山いらっしゃいます。ぜひ、積極的に活用して下さいね!

歯科医院地域一番実践経営塾2013ベーシックについて詳しくはこちら