お問合せ・ご相談 045-440-0312 平日9:00-18:00

あおば歯科 院長 松浦 智 先生

千葉県野田市で開業されているあおば歯科様は、患者数は伸びていたもののキャンセル率の高さに悩まれていました。スタッフと共に2010年から経営塾に参加され、同年4月にコンサルティングを開始。2019年2月現在、実に60回以上に渡って継続的な支援をさせて頂いています。9年間のコンサルティングを通して、医業収入は約5倍、チェア台数は6台から12台に拡張され、大規模医院に成長されています。

コンサルティングを導入する前の医院の状況、困っていたこと

キャンセル率が非常に高くて、せっかく来た患者さんが来なくなってしまったりとか、そういったことが非常に多かったので、まずはそこを改善したいなと思ってお願いしました。

コンサルティングを導入したきっかけ

経営塾の教材をまずは買って、岩渕さんの言っていることが非常に自分の中で刺さるものがあって、その後、経営塾に参加して実践を積み重ねていくうちに、やはり一人ではなかなか実践していくのが難しいなと思って、自分の中のメンターであり、コーチングしてもらいたいなというところを重視したのでコンサルティングに是非入ってもらいたいなと思いました。

コンサルティングを導入して良かったこと

五島さんが本当に一生懸命うちのことを考えてくれて、今はダメなんでしょうけど、当時は12時とか夜中の1時まで一緒に病院のことを真剣に考えてくれて、家にも帰れなくなっちゃったのでホテルに泊まって次の日もコンサルティングしてくれたりとか、コンサルタントの情熱が凄い伝わってきて、自分もそれに報えるように頑張ろうという気持ちが出ました。

コンサルティングの導入によるスタッフの変化

最初は凄く拒絶反応を示したところも正直ありますし、全てがうまくいった訳ではないですけども、1年2年経っていくうちにキャンセル率が減ったりとか、患者さんの感謝の声が聞こえてきた時に、スタッフが成果を感じて、それは自分達の努力ももちろんあるけれども、コーチ役として入ってもらっているコンサルタントの存在のお陰だなっていうふうに認めてくれたと思っています。

コンサルティングの導入による数値面の変化

医業収入で約5倍。チェアの台数も当初6台しか配管してなかったんですけど、4年前に増築をして今12台になりました。スタッフ数も最初5名から始まって、現在、約40名まで成長しました。

コンサルティングの導入によるご自身の変化・成長

自分が全てがむしゃらに突っ走ればどうとでもなると思っていたところもあったし、1億円を突破すればゴールだと思っていましたけれども、それ以上のゴールがあることも見せてもらえましたし、体力勝負ではなく、いろんな方の力を借りたりとか、自分だけではなく、他のスタッフが輝いていくような職場をつくることが本当の成功に繋がると気づきました。

コンサルティングは先生にとってどのようなものですか?

心の拠り所であり、一緒にずっと続けていくパートナーだと思っています。

コンサルティング導入を検討されている先生にアドバイス

コンサルティングフィーとか、よく言われるところだとは思うんですけど、本当に真剣に想いをぶつければ必ず応えてくれると思いますし、何倍も大きいかたちで返ってくると思いますので、是非、目先のコンサルティングフィーとか、そういったことにこだわらないで、まずは半年でも1年でもやってみたら良いと思います。

top